« PSUとガンダムAGE | トップページ | 前回のコメントのお返事。 »

2011/11/16

ガンダムVSガンダム特集~

こんちわ。

クレヨンしんちゃんの『風間くん』とシーマ・ガラハウの声が同じ人と知って、なぜかショックを受けたGP03です。
(え!?)



よ~~く、思い返してみれば同じなのがわかると思います・・・



ってことで、今回は、発売日まで数週間となったPS3版ガンダムVSガンダム  EXTREME VS.特集です。
特集といっても、PS3と周辺機器の実験をちょろっとしただけだけどね。
せっかくなので、俺のVSシリーズと呼ばれるこのゲームとの出会いから書いていこうと思います。



【最初に出てくるあとがき】
簡単にまとめるつもりが、ついつい長くなっちゃった!
とばしとばしで読んでね!



【その他】


《EXVS》

ネット上では、EXTREME VSをEXVSと略すようなので以後このように表記していきます。


【VSゲームとの出会いから今】
(これらはおれの視点から見たものです)
最初に遊んだVSシリーズは、約10年前に出た『連邦VSジオン』です。
すべてのVSシリーズの最初のゲームである。
それまでに様々なガンダムのゲームで遊んだ事はあったが、これほどシンプルで簡単に遊べるガンダムゲーは初めてだった。
レバー1本とボタン4つだけで多彩なアクションができ、さらには2人協力プレイもできるので、友達と協力プレイしてもいいし、対戦でもりあがってもいいし、ゲーセンのゲームにしては遊び方が広かったゲームでもある。
その後、続編である連邦VSジオンDXが出て、さらなる続編のエゥーゴVSティターンズと続けて遊んできた。

エウティタのあたりでちょっとマンネリ感があり、以前ほど遊ばなくなってたけど、そんな時に登場したのが、当時一番新しいガンダム作品であったガンダムSEEDを題材にした『連合vs.Z.A.F.T.』である。
今のVSシリーズの基礎を作ったゲームでもあり、とくに対戦での駆け引き要素が多くなり、非常に盛り上がったゲーム。
このゲームが俺にはクリーンヒットで、最初の連邦VSジオン以上に遊んだと思います。
もしかしたら、この連ザフがVSシリーズで一番盛り上がった時期かもしれない。
そんな連ザフにデスティニーシリーズへと移行した『連合vs.Z.A.F.T.II』が登場。
前作の連ザフに続き、これまた盛り上がりを見せたが、革新的なシステムの変更はなかった。

さらに数年後、今度はガンダム作品の枠にとらわれず、すべてのシリーズのMSが使える『ガンダムVSガンダム』が登場。
まさにガンダムのオールスターゲームというのに相応しく、ガンダムファンが待ち望んだ『自分の好きな作品(MS)でVSシリーズ』という夢を叶えてくれたゲームかもしれない。
おれも、大好きな0083の機体が参戦と楽しみにしてました。
しかし、さすがに巨大MAの参戦は無理があったようで、デンドロの中の人ともいえる『ステイメン』での参戦であった。
武装はデンドロのコンテナを召喚(?)したり、爆動索を使ったりと、実質中身はデンドロではあった。
そんな感じで、各々の作品から代表的なMSが参戦したが、対戦はあんまり盛り上がらなかった。
そのころ(ガンガン稼動当時)は、三国志大戦にハマってた事もあり、COM戦すらろくにプレイしなかった。
のちに続編である『ガンダムVS.ガンダムNEXT』が出るが、NEXTダッシュのシステムの登場で、初心者(おれ)がとっつき難くなった感もあり、ガンダムVSガンダム以上にプレイしなかった。

そして、ガンダムVSガンダムになってからの3作品目。
今回の主役であるEXVSの登場。
正直、過去2作が俺にとっては駄作だったということもあり、ぜんぜん期待してなかった。
けどためしにプレイしてみると、NEXTダッシュがあるものの、全体的に見れば一番対戦で盛り上がった連ザフに近い感じがするゲームだった。
とくに一番よかったのが覚醒システムの復活。
自分のピンチを救ってくれるし、敵機への追撃に使ってよしと、非常にシンプルで使いやすかった。
NEXTダッシュも最初はいまいち感覚がつかめなかったが、何回か繰り返すうちになんとか使えるようになってきた。
むしろ覚えるとクセになるシステムだ。
連ザフ時代に愛用してたプロヴィデンスも中コスト枠ではあるものの復活したし、最近ようやくおもしろさがわかった『∀ガンダム』にハマってたこともあり、キャラクター的にも最高傑作になるかもしれないVSシリーズだ。


【PS3版EXVS】

ガンダムVSガンダムになってからは、PSPで出ていたVSシリーズが、ついに据え置き機のPS3に!
ゲーセンのゲーム全体を見ても、ひさびさに(個人的に)ヒットとなったゲームなので、発売まで非常に楽しみです。
PS3版オリジナルのゲームモードには、MAや戦艦といった大型の機体が登場する事がすでに発表されてます。
パッケージにはアプサラス2が書かれてるし、ゲームショーのムービーにはティビニダドやビグラングが確認できる。

ということは・・・

いよいよデンドロビウムがVSシリーズに!!
ガンダムVSガンダムでは、間接的になら出ていたが、今度こそ丸々1機が出てくる可能性も!
まだそういった発表はされてないけど、ティビニダドを出して、デンドロを出さないということは考え難いので、確率的にも相当高いと見てます。
こういった観点からも、ほんとに楽しみなゲームになっています。
ウヒョー!

そして、一番の目玉になるかもしれないのが、オンライン対戦。
最初のころのPS2のVSシリーズにはあったのだが、連ザフのころからオンライン対戦はなくなっていた。
そのオンライン対戦がPS3では復活。
PS3はHDDも標準でついてくるので、パッチによるバグの修正やバランス調整も可能。
まあ、今となってはあたり前ではあるが、PS2時代はそれがなくてものすごい事になってたとか・・・?
けど、オンラインで出来るのは対戦だけだと思う。
ゲーセンのように2人でCOM戦ってのは、オフラインのみかな?
ちょっと残念ではある気もするが、やっぱり対戦がメインだから、しょうがないかな。


【PS3とジョイスティック】
さて、気になるところが操作デバイスである。
もともとがゲーセンのゲームなので、ジョイスティックで遊ぶのが1番いい。
(べつにコントローラーでも問題ないが・・・)
しかし、PS3にはPS1のコントローラーを刺す端子がありません。
だから今まで(PS2で)使ってたやつは使えない・・・
と、思っていたが使う事ができるようです。
PS3のUSB端子を使って、PS1や2のジョイスティックを使うことができます。

ちなみに↓これが、我が家でPS2版連邦VSジオンから使ってるやつ。



HORI ファイティングスティック
20111116


アナログスティックに対応してるからデュアルショック2対応なのかと思ったら、2には対応してないようね。
なので対応機種はPS1ってことになってます。
ずーっとこれで遊んでたけど、さすがに使い込みすぎてスティックが怪しいです。
動かすと「キィ」っと、なんかいや~な感じの音が・・・
でも、ずっと愛用してきたやつなので、壊れるまで使い続けたいのう。


さらにもう1個持っている。
これは、弟と対戦するように買ったのだ。
それがこちら↓。



HORI コンパクトジョイスティック クリアブルー
201111161


こちらは連ザフのころに買った気がする。
これでスティックが2つになったので、片方がコントローラーということはなくなりました。
小さいのを選んだのは、当時友達の家に持っていって使うためです。
あんまり使った記憶はないけど・・・
小さいけどずっしりとした重量があるので、意外と安定してくれます。
ボタンが小さい+間隔が狭いのは否めませんが・・・


さてこの2つのジョイスティックだが、できればこれをPS3でも使いたい。
ということで、調べてみたらいくつかの製品があった。
アマゾンのレビューを参考にしてみると、コントローラーの機種やゲームによってはまったく反応せずというのもあるらしい。
俺のジョイスティックは相当古いやつなので、こういった事が発生する可能性もありそうです。
ってことで、いろんなコントローラーに対応してるやつを選びました。
その選んだやつがこちら↓。



サイバーガジェット CYBER・コントローラアダプタ (PS3用)


見たとおりPS1&2のコントローラーをPS3で使うための機器です。
アマゾンレビューでは、マニアックな(?)ギタフリ用のコントローラーが動いたということなので、これなら大丈夫そうだということで選びました。
で、早速使ってみました。
ソフトは、EXVSと同じメーカーであるバンダイから出ている『機動戦士ガンダム戦記(PS3版)』です。
ちょっと古いゲームではあるが、同じメーカーならEXVSでもちゃんと動くんじゃないかと思います。
・・・これしかソフトが持ってないというのもあるが・・・

で、実験の結果、2つのジョイスティックは動きました
とりあえず最低でもこのアダプタがゴミになることはなくなって一安心。
ほ・・・


さて、うちにはジョイスティックが2つあるので、対戦用にもう1こアダプタがほしい。
上記のやつで使えたのだから、それを買ってもいいのだが、ほかの機器に比べるとちょっと高い。
だからといって最安値のを買って動かないというのも困る。
ということで値段と性能で選んだのがこちら↓。



ゲームテック ツナイデント3 PRO


やってる事は上記のやつと一緒です。
連射機能がついてたりするなど、細かいところで違うところはあるが、基本的にやる事は一緒です。
早速使ってみたが、これまたどちらのスティックも使うことができました。
これで我が家では、PS3でジョイスティック2本をつなぐことに成功しました。
バッチグー。


【PS3とジョイスティック おまけ】
無事に愛用のスティックをつなぐ事には成功したものの、これがEXVSで使える保証はありません。
こればっかりは実際にやってみないとわかりません。
ちょっと不安なところではあるが、よほどのことがない限り大丈夫だとは思うけど・・・

ということで、これからジョイスティックを買うならPS3に対応したやつを買っとけば安心だと思います。
ただ、ちょっと高いのがネック。
それでも、PS1&2のジョイスティック+変換アダプタを買うよりは安い場合もあるので、そこらへんは各自よく考えて購入してください。


【最後に】
といった感じのEXVS。
ガンダムということもあるが、ゲームとしても非常に楽しみです。
オンラインによる対戦もいっぱいやるつもりです。
うお~。
ほんとに楽しみやー!



(アマゾンで予約すると到着予定日が12月2日となってしまうのでご注意を)



【おまけ1】
ACで一番やりこんだのが、連邦VSジオンDXか連合VSザフトかな。
家庭用では間違いなく連邦VSジオンDX。
連邦とジオンの勢力ポイントが2000ずつぐらいあった気がする。


【おまけ2】
連ジ(DX)時代の愛機は、ガンダム、ガンキャノン、陸ジム。
エゥティタ時代が、ジオ、次点でギャプラン。
連ザフ(含Ⅱ)は、バスター、エール、プロヴィ。
EXVSでは、∀とプロヴィでがんばりたいな。


【おまけ3】
連ザフでバスター使用時に、僚機の後頭部に開幕チャージショットをぶっ放したことがある。



<おわり>

|

« PSUとガンダムAGE | トップページ | 前回のコメントのお返事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PSUとガンダムAGE | トップページ | 前回のコメントのお返事。 »