« 2014年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/31

新PCだよー

こんちわ。

こちらのブログはすっかり放置状態となってしまいました。
ツイッターのほうは随時更新してるので、よかったらそっちをご覧ください。



さて、そんな放置してたブログをひさびさ更新することになったのは大きな理由があります。
その理由とは・・・?



*2016.08.04追記*

おまけの部分を追記しました。
また本編のほうもすこし訂正している部分もあります。

【PC】

PC関連をここで書くとなると、大抵ろくな出来事ではないのだが、
今回は違います。

なんと、PCを新調しました!

今まで使ってたPCでは、最新のゲームは起動することもままならないPCです。
なので新しくしたいなーと思ってはいたけど、そんなにやりたい(最新の)ゲームがなかったのでずっと保留状態だった。
しかし、そこへ超やりたいけどPCの性能が追いつかないゲームが出てきた。
それがストリートファイター5である。
前作ウルトラストリーファイター4に誘われて格ゲーの世界に足を踏み入れたわけだけど、当然続編の5もやりたくなったわけである。
そこでずっと新PCの構想を(お金を貯めながら)ずっと考えていたのだ。



《どんなPCにする?》

PCを買うといってもいろんな種類がある。
俺は当然ゲーム(SF5)が目的なので、まずSF5が動くPCというのが絶対条件である。
そんなSF5の推奨のグラボとCPUが、

推奨: Intel Core i5-4690K
   グラボ GTX 960

なので、この2つを中心にパーツを選択することにしました。


《早速新PCスペック》

予算が限られているので、出きるだけ値段優先で選びました。
(リンクは価格comへになります)

マザー:ASUS B85M-G
メモリ:Corsair CMX16GX3M2A1600C11 [DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組]
グラボ:GIGABYTE GV-N960WF2OC-4GD [PCIExp 4GB]
CPU:Core i5 4690K BOX
HDD(SSD):crucial BX200 CT240BX200SSD1
電源:ANTEC NeoECO Classic NE550C
ドライブ:ASUS DRW-24D5MT [ブラック]
ケース:Versa H23 Window
OS:Windows 7 Home Premium 64bit


これで買った当時の値段で9万ほどです。
予算は8万だったので1万オーバーとなってしまいました。



《組み立て》

各々パーツを注文してすべて届くのをまちました。
佐川急便クロネコヤマトが同時に来てちょっとビックリした。)

パーツの組み立ては、過去に何回もやっているので手馴れたもんです。
(経験が生きた!)
それでもちょっと手間取ってしまった部分があるのでそこを簡単に紹介。

・ケースのフロントファンが外れていた。
ケースを持ち上げた時にカタっと音がしたのでなんだろうと思ったらフロントファンがついた部分が外れていました。
このケースは、フロント部分が固定されているので、あっちこっちから指を入れてなんとか固定させれました。

・マザーの後ろのパネルがなかなかつかない。
マザーの外部へ接続するための端子が出ている部分がうまく付かなかった。
原因は銀のカバー?のデッパリがひっかかっていた。
もしかしたらケースが原因ってこともあったのかな?

・CPUのグリス
グリスを塗ろうとしたらヒートシンクに『何か』がついていた。
調べてみたらデフォのグリスということだったのでそのままくっつけました。
きっとインテルCPUと相性のいいすごいグリスに違いない!

・メモリをどこに刺す?
メモリ2枚をどこにつければいいか最初わからなかった。
同じ色どうしでつければOKってことだったので『DIMM_A2、B2』へつけることにした。
A1B1だと、CPUのすぐ横なのですこし離してみた。

・メモリのカバー(ストッパー)は上のみ。
メモリをつけるところには、メモリが抜けないようにストッパーのようなものがついています。
今までのマザーは上下2箇所だったが、このマザーは上の部分1箇所。
下部分がなくてどうやってつけるかちょっとあせった。

・マザーに付ける田の字型コンセントがない
マザーについてる田の字型の電源が見当たらない。
どうしよう、電源が足りない!
これはダメな電源か、古すぎるマザーを買ってしまったかと焦ってしまったが・・・
『CPU4+4Pin補助電源コネクター』と呼ばれる電源が2*4の計8マスのコネクタなのだが、実は分離できることがわかった。
(詳しくはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n5051へ)
これが出来たときに「ゾディアックみたいな電源だ!」って思っちゃったわ。

・ファンコネクトがCPUファン含めて2つ
今回のファンは、CPUとケースに2つなので全部合わせて3つなのだが、このマザーは2つしかなかった。
これは盲点だった。
最近のマザーならいっぱいついてるだろうと思い込んでて完全に調べるのを忘れていた。
しかたないので、電源ユニットからファンの電源を供給するやつを買ってきました。
無駄に4つ又になってます。


苦労したのはこれぐらいで、あとは比較的問題なく組み立てることが出来ました。


《稼動》

自作PCで怖いのが『相性』と呼ばれるもの。
パーツ同士の相性で起動しないこともある。
組み立てたPCに電源を入れるときは、ものすごい緊張します。
恐る恐る電源を入れてみると・・・
何事もなく起動しました!
幸いにも相性問題は発生しませんでした。
助かった!

それからOS等をインストールして、買っておいたSF5も入れます。
これで準備万端!
SF5を起動すると・・・・

『うごいた!』

いや、推奨パーツで組んで動かないというほうがレアか・・・
とにかく、何事もなく無事起動して遊ぶことが出来ました!



《感想》

無事に一番の目的であるSF5をプレイすることが出来ました。
(アケコンが動かない問題があったが、ここでは割愛)
さらにPSO2のほうでも、最高設定の『設定6』で遊ぶことが出来ました。
多少のトラブルはあったものの、目的が達成できたので非常に満足してます。

今までのPCは、友人からのオススメパーツをそのまま使っていたので、ほぼ完全に自分で選んだパーツで組んだのは初めてです。
そういう意味では『初めて自分で買ったPC』とも言えると思います。
そんな初めてのPC、大事にしていきたいと思います。

また今回もいろんな人に相談したり、アドバイスもらったりしました。
この場を借りてお礼を言いたいと思います。

手助け頂きありがとうございました。




<完>



【おまけ】

ちょっと書ききれない部分があったので、またあとで追記する予定です。
(追記分出来ました)



《追記分》

・マザーボードの拡張性
今回買ったマザーボードにPCIの拡張スロットがグラボの部分を抜いて2つしか付いてなかった。
しかも、グラボをつけることでそのうちの1つが完全に使えなくなる。
残り1個もグラボと超密着となるので、実質全部使えなくなっている。
この拡張性の悪さは想定外だった。
その分、マザー本体は小さくなっているけど、その小ささを生かせない状態なのでちょっとここらが選択ミスだったかな。
FANのコネクタの件もそうだが、もうすこしお金だして拡張性の高いマザーにすれば満足できたと思う。
次回に生かしましょう。
ちなみにBIOSは日本語で非常に使いやすかった。
ここらはさすがのASUSだね。


・メモリの規格
今あるメモリの最新の規格はDDR4と呼ばれるものです。
ちなみに俺が買ったのはDDR3。
当然ながら同じ容量でもDDR4のほうが高性能となります。
調べてみたら値段もそんなに変わらないっぽいので、DDR4にしようかと思ったのだが・・・
軽く見積もってみたら、余裕で予算を超えることが判明した。
DDR4のメモリ本体はそんなに差はないのだが、DDR4対応マザー、それに対応するCPUとなるとどうしてもお金がかかってしまうのだ。
なので今回はDDR3メモリの選択となった。
またそれ以上に「お金をかけるならメモリよりグラボでは?」と言われたのが大きかった。
俺がやりたいのはゲーム。
そのゲームで大事なパーツとなるのがグラボ。
ごもっともな意見だった!
(なお、結局予算が足りずグレードアップどころの話しではなかった)


・SSD小さい!
あんまりよく調べないで、容量とメーカーで選んでしまったSSD。
最初見たときその薄さと小ささにビックリした。
そしてケースにあてがうと・・・
3.5インチベイに収まらない!
SSDが小さすぎたのだ!
これはまいったなー・・・と思ったら、3.5インチベイの上に一回り小さいベイがあり、そちらにスッポリ入りました。
買ったSSDが入る2.5インチベイがついてたのはタマタマであり、下手したらついてないのを買ってしまい、大変なことになっていた可能性もあった。
よかった!


・ケースファン
今回買ったケースは、フロントとリアに1こずつのファンがついている。
今まで使ってたのは横にもついていて計3つでやっていた。
しかし、実際にお店を見て横にファンがついてるのは少なかった。
変わりに天上部分についてるのはあったが・・・
(俺が買ったやつは天上にファンはつけれません。無理やりなら出来なくもないが)
今は横ファンってのは少なくなったんかねー?


・ケースの窓
何気にケースの中が見えるスケルトンな窓がついてるのに憧れみたいなのがありました。
なのでデザイン面では満足してます。
しかし、実際に使ってみると・・・
ケーブル類がごちゃごちゃしてて汚い感じが・・・
ケースの裏に配線を通すのは一部分しか無理だったので、覗いてかっこいいマザーやグラボ(?)が見れなくて残念・・・
てか、俺のPC(過去2つのPC)は、いつも配線がゴチャゴチャだ!
でも窓があるので中に異常があればすぐに確認できるのはいいね。
天上も蜂の巣状の穴があいてるのでそこからもある程度確認できる。
そのうちLED付きのファンでも買って、常時ケース内を照らすようにしようかな~。


・電源プラグイン式
電源のプラグイン式というのがある。
これは必要ないケーブルを外すことが出来るので、俺みたいに配線がゴチャゴチャしなくなるというやつである。
これいいなーって思ったけど、予算の都合により従来の全部乗せタイプとなりました。
ちなみに(新PCで)使ってないケーブルがいくつかあるので、プラグイン式にすればケース内は多少まともになるかな?

・ケースのメンテナンス性
↑のほうでも書いたが、ケースのフロント部分は完全に固定されていて、外すのは壊す以外無理じゃないかな?
もしフロントファンが壊れたらどうすりゃいいんだろ・・・
そういったメンテナンス性の悪さがちょっと目立ったかなと思った。
これもマザーと一緒でもうすこしお金だしてメンテナンスしやすいのを選んでもよかったかな~。


・インターネットが出来てるようで出来てなかった事件
OSのインストールが済み、AVソフトを入れようとしたところ、うまく出来なかった。
どうもネットにアクセス出来てないようだった。
でもブラウザを立ち上げるとホーム画面は写る。
これを見て、俺はソフト側に問題があると判断した。
そこで別のAVソフトをいれて対処しようとしたが、それもうまくいかない。
いったい何がダメなのか・・・
原因をググってみようと思ったら検索結果画面が表示されなかった。
アレ?っと思っていたら、その画面に重要な情報が出ていた。
正確には覚えてないのだが『認証が2009年にならないとダメデース』的な事が書いてあった。
2009年はとっくに過ぎてるでー!
これを見て、PCの時計がずれている事が発覚。
もしかしてと思って、現在時刻を入れて再び試してみると・・・
今度は完璧にネットへつながりました。
どうやら時間をちゃんと設定しないとネットが部分的にしか使えないみたいね。
最初、ほんとに焦ったわ。


・めっちゃ静か!
初めて電源を入れたときにあまりにも音がしないのでいろいろビックリした。
今までのPCは電源を入れたらブオーン!というファンやHDDが動き出す音がしたのだが、新PCだとサーっという音がかろうじて聞こえる程度だった。
最初ファンが動いてないのかと焦ったがちゃんと動いてました。
そう、ファンがしっかり動いていてこの音だったのだ!
あまりにも静かすぎて扇風機の音のほうが大きいぐらいだった!
これはやっぱりSSDの効果が大きいんかねー。
てか今までのPCがうるさすぎたという可能性も・・・


・HDDからSSDへ
前からの憧れであったSSD。
どんぐらい早くなるのかと楽しみにしていたら・・・
とんでもなく早くなっていた!
明確に時間を計測したわけではないけど、起動時間が半分になったんじゃないかな。
これは素晴らしい!
ついでにPSO2でもあきらかに読み込み速度がアップ!
TAで有利になった!


・CPUがAMDからインテルへ
今まで使ってたPCのCPUは、ずっとAMD製のCPUを使ってきた。
しかし、今回はインテル製のCPUを選択した。
すこし前にPCについて相談したときに『次はインテルでいいんじゃないか?』みたいな話しをしていたのを思い出した。
ただし理由は覚えてない・・・
でも、CPUがインテル、グラボはGeForceってやったほうが、ゲームの動作環境を見て、どれぐらい動きそうか目処を立てやすいのよね。
正直使い比べての違いは感じないけど、ちゃんと動いているのなら問題なし!


・前のPCの行方
最初の計画では、アニメ等の動画を詰め込んだHDD(1TB)を新PCに移してすべての作業が新PCで出来るようにする予定だったが・・・
↑の静音性を大事にしたいなと思い始めてしまった。
せっかくの静かな環境になったのに、HDDで音を出したくないなと。
ということで、ゲームやるときは新PC、ほかの作業をやる時は旧PCって感じで使っていこうかな。
ちょっと切り替えがめんどくさいけど起動はめちゃ早いからいいかな!




これにて今回の新PCの話はおしまいになります。
次回、ここを更新するときは、PCのトラブルになるかな?
出来ればそんな事は起きないことを祈るばかりです。
さて、ナッシュ練習しよっと。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2016年8月 »