2011/11/24

ドラクエ5の縛りプレイレポート その3

こんちわ。

ロトのつるぎか天空の剣なら、ロト派なGP03です。
(シャキーン!)


ただの好みだけどね。


さて、今回はドラクエ5の縛りプレイレポートの3回目です。
序盤は火力不足に悩まされたが、中盤になると呪文や特技が充実してきて楽になった。
このままだと縛りプレイの意味がなくりなりそうだが・・・?



【その他】


《DQ5 グラップラー刃牙縛りプレイ》

【縛りルール】
武器、盾、一部アクセサリー、道具の使用を禁止。
その他、呪文やモンスターに関しては縛りなし。
『武器の使用以外すべてを認める!』


【前回までのあらすじ】
ぜんぜん仲間にならなかった『ドラゴンキッズ』や『キメラ』のおかげで、レベルがあがりすぎてしまった。
そのため、縛りプレイの縛りが弱くなってしまい、道中が楽チンになってしまったのだ!

(前回のレポートはこちらからどうぞ)


《水のリング編》
炎のリングを無事に回収した一行は、続いて水のリングを探しに行きます。
その道中、山奥の村で『ビアンカ』と再会、仲間にする。
実は今回のプレイを開始するにあたり、嫁はフローラで行こうと決めてました。
PS2版のDQ5は過去に1回やった事あったのだが、その時はビアンカを選んだのだ。
だから今回はフローラを選ぶ予定だったが・・・
ビアンカと一緒にいると心が痛む・・・
すまぬ・・・すまぬ・・・

話を戻して。
水のリングがある滝の洞窟には馬車を持っていけない。
なので、メンバーは、主人公、ピエール(スライムナイト)、コドラン(ドラゴンキッズ)、ビアンカの4人(2人と2匹?)で行く事に。
先の仲間探しでレベルが上がりすぎてたので、この洞窟に敵はいなかった。
が、油断していたら大変なことに。
この洞窟に現れる『へびこうもり』は『やけつくいき』を使ってきます。
一定の確率でマヒになる攻撃だが・・・
なんと4人一気にマヒ!
ものの見事に初全滅!
まさかこんな形で全滅するとは考えてなかったわ。
しかも、お買い物をほとんどしてないので、所持金モリモリだったからペナルティも痛い。
ぐふー。

その後、へびこうもりを見たら速攻で倒すようにして、水のリングをゲット。

・水のリング獲得時レベル:24


《嫁選び編》
上で書いたとおり、フローラを選ぶつもりだったが・・・
滝の洞窟で無駄にビアンカをつれていったがために、感情移入してしまった。
うう、無駄にビアンカに話かけるんじゃなかった。
結局はフローラを選んだけど、とっても選びづらかった。
もうちょっとフローラとのイベントをやってくれれば、多少は選びやすくなるとは思うんだがな~・・・
すまん!ビアンカ!


《グランバニアへの洞窟編》
途中メダル王の島でキングスライムを狙ってみるが、ぜんぜん仲間にならないのであきらめる。
また無駄にレベルあがっちゃうしね。
グランバニアの洞窟は馬車をつれていけるので楽チン。
しかもこっちの火力枠のコドランとファイアの『Wはげしいほのお』で、敵は瞬コロ。
難なく、頂上に到達。
下り方面も、はぐれメタルを倒しつつ下山。
うーん、拍子抜けするぐらい簡単だ。

・グランバニア到達時レベル:メモ忘れ


《グランバニアで仲間探し編》
グランバニアの洞窟で、ミニデーモンとメッサーラと遭遇。
たしかこの2匹はイオナズンやメラゾーマといった最高位の攻撃魔法が使えたはず。
ってことで、終盤に向けてこの2匹を仲間にすることに。
しかし、相変わらず仲間運がまったくない。
メッサーラはなんとか仲間になったが、ミニデーモンがまったく仲間にならない。
ここははぐれメタルも出るので、またまたガンガンレベル上がっていってしまう。
それでもミニモンを諦めきれないので粘った結果、仲間になるころには、またまただいぶレベルが上がってしまった。
うう、やりすぎたかのうー。


《試練の洞窟編》
仕掛けがSFCと多少変わってるが、簡単に突破できる。
初めてプレイしたときは、結構苦労したんだけどね。
ここは、ボスとして『カンダタ』が出てきます。
まあ、ボスといっても大した事はしてこないので特に書くこともなく。
あっさり撃破。

・カンダタ撃破時レベル:29


《双子誕生編》
バーブー。
さて、主人公『ゆうじろ』に子供が誕生したわけだが、名前をどうするか迷った。
男の子のほうは『ばき』しかないので、これでいいが、悩むのは女の子のほう。
グラップラー刃牙には女キャラが結構出てるが、どれもこれもなんか合わない感じが。
と、いうことで、女の子だけはデフォの名前の『タバサ』にしてしまった。
この子も、将来イオナズンが使えるようになるので、戦力として非常に期待。
逆に天空シリーズが2つしか装備できないバキは、役にたちそうもないが・・・?


《デモンズタワー編》
今度も馬車はもっていけないので、メンバーを厳選する。
その内訳は、主人公、ピエール、ファイア、メッキーの4人で行く事に。
今回はボスが3匹もいるので、回復重視です。
コドランが抜けた分、火力は劣るが、特に問題なく進む事ができた。
やっぱりレベル上げすぎたかな・・・

さて、肝心のボス戦。
最初は『オークLv20』
けど、これも特に書くこともなく。
1回攻撃なので、しっかり回復すれば怖くない。

続いて『キメーラLv35』戦。
今度は各種全体攻撃や回復もしてくる曲者。
しかし、それはこちらも対策とって、耐性が高いやつ+回復役3人と選んできたので想定内。
HPが低いメッキーが落ちるというトラブルはあったものの、倒す事ができた。

最後は『ジャミ』戦。
メッキーの復活のついでにMP回復。
万全の体制でジャミ戦に。
ジャミも様々な攻撃してくるが、2回行動ではないので、あんまり怖くない。
しかし、こちらは火力が少なすぎてジャミも倒れる気配がない。
完全に持久戦になってしまった。
こっちのMPもバランスよく消費していき、できうる限り節約モード。
MPが尽きる前に倒す事ができた。

・ジャミ撃破時レベル:30



【ここまでのまとめ】
デモンズタワーの戦いは、思った以上に長期戦になってしまったが、大体想定どおり戦うことができた。
レベルを上げすぎてたので、もっと楽かと思ったが、さすがに大ボスはHPと防御力が高かった。
まあ、本来は武器を使って倒す相手だから、固く感じるってのもあるかもしれんが・・・
今後もボス戦で長期戦になるかもしれないので、火力、とくに攻撃魔法をそろえておきたいところだ。


・次回につづく!

| | コメント (0)

2011/10/25

ドラクエ5の縛りプレイレポート その2

 こんちわ。

 フローラ派のGP03です。
 (イオナズンとマネーマネー)


 心情的には、ビアンカだけど、ゲーム的にはフローラになっちゃうな~。
 もっとフローラと仲良くなれるイベントがあれば選びやすくなるんだがのう。



 ということで、すこし前に始めたドラクエ5(PS2版)の縛りプレイの続きです。
 ちょっと記憶が曖昧になってしまったが、簡単にプレイレポートを書いていきます。




【その他】


《DQ5 グラップラー刃牙縛りプレイ》

 【ルール】
 武器、盾、一部アクセサリー、道具の使用を禁止。
 その他、呪文やモンスターに関しては縛りなし。


 【前回のあらすじ】
 素手オンリーの戦いは思った以上につらかったが、着々とイベントをこなして大人になった!

 (前回のレポートはこちらからどうぞ)


<オラクルベリー編>
 奴隷イベントは戦闘等はないので省略。
 オラクルベリーについたら速攻で馬車を購入。
 戦力アップのためにどんどん仲間にしていきます。
 スライムやブラウニーといった定番モンスターを確保。
 特にブラウニーは力が結構高くてすごく重宝。
 子供時代に散々いじめてくれた『ドラキー』も確保したけど、期待はずれなステータス。
 ろくに使わずじいさんに預けてしまった。
 しかし、これがのちに後悔することに!
 (えー!)


<サンタローズ編>
 せっかくなのでパパスの手紙を取りに行きます。
 道中で一番苦労したのが『ガメゴン』
 名前と見た目どおり、防御力が高い敵です。
 素手で戦う『ゆうじろ』(←主人公の名前)PTでは、天敵ともいうべき敵です。
 素手で殴っても1ダメージしか入らないので、倒すには攻撃呪文を使うか、ルカナンで防御力を下げないといけない。
 どちらにしてもMPを大量に消費するので、ガメゴンが出てきた時だけ即逃げ。
 縛りプレイならではの出来事や。

 ちなみに、ここで『くさったしたい』を仲間にするためにがんばった。
 その理由は小説版DQ5で大活躍するスミスを使ってみたくなったからだ。
 なかなか仲間にならなくて諦めかけた時にようやく仲間になった。
 けど、ゲームの中のスミスは、力は高めだが、防御が紙という設定のようだ。
 小説版のような怪力は見られず・・・
 苦労したわりにはぜんぜん戦力外な能力でがっかりや・・・

 ・パパスの手紙朗読時のレベル:14


<ラインハット編 その1>
 アルカパ周辺で『おばけきのこ』を仲間にする。
 このキノコは早熟型で、レベルの上限は低いけど、初期ステータスは高いというやつ。
 レベル1にして、重要な力は45と破格の性能!
 うおー!
 キノコつえー!

 そんな期待の新人をつれていくはラインハットのお城。
 秘密の地下道(?)を通ってお城内部を目指します。
 このあたりから敵の攻撃等がきつくなってきた。
 集団で現れる事もあるのでMP消費なしで使える攻撃スキルがほしい・・・
 ってことで、ラインハット周辺で『ドラゴンキッズ』を仲間にする事にした。
 しかし、このドラゴンキッズがなかなか仲間にならず一苦労。
 その間、『スライムナイト』と『イエティ』が仲間に。
 イエティは力が高い上に、吹雪系の特技を覚えるので今後の活躍に期待!
 あ・・あれ?
 ドラゴンキッズいらないような・・・
 けどやっぱりコドランがほしいので、がんばって仲間にしました。
 レベル1で力が59とおばけきのこを超える性能!
 苦労が報われるパワーだわ!



<神の塔編>
 神の塔では『ホイミン』が加入。
 これで回復が楽になりそうだ~。
 他は特に書く事もなく、あっさりラーの鏡を手に入れる。


<ラインハット編 その2>
 ニセ太后戦。
 ドラゴンキッズを仲間にするためにレベルが上がりすぎたせいなのか、あっさり倒せた。
 炎が怖いところだったが、ぜんぜん使ってこなかった。
 せっかくのボス戦なのに書く事がぜんぜんないわ・・・

 ・ラインハット攻略時レベル:18


<カボチ村編>
 キラーパンサーこと、ギコギコを仲間にしに行きます。
 とくに苦労する事もなくギコギコが復帰。
 攻撃力を確認すると、この時点でかなり高い事が判明。
 (具体的な数字はメモ忘れ)
 これは新レギュラーに決まりだなーと思ったが・・・
 早速、洞窟内で試し殴り(?)をしてみると、攻撃エフェクトに違和感が。
 なんか『シュ!』といった感じのエフェクトが出たのだ。
 素手で殴るときの『ペチペチ!』ではなかった。
 おかしいと思って装備欄を確認すると・・・
 なんと『てつのツメ』を装備してやがりました。
 子供時代で別れるときに、装備を全部剥がしたはずなのに・・・
 不正はいかんで、不正は~。
 ってことで、鉄の爪は没収。
 すると攻撃力は一気に半減。
 特技も使えそうなのはぜんぜん覚えない。
 残念ながらじいさん行きに・・・


<炎のリング編>
 なんかリング編って書くと刃牙っぽいな。

 サラボナに到着したら『ばくだんいわ』と『キメラ』を仲間にする事にした。
 爆弾岩はいざというときのメガンテ用に、キメラは汎用用にする予定。
 しかし、爆弾岩とキメラがガンコでぜんぜん仲間にならず。
 また大きく足止め・・・
 そんな仲間探しをしてるとノーマークだった『ほのおのせんし』が仲間になった。
 こいつも火を吐くことができるので、コドランと合わせて雑魚敵との戦闘がいっきに楽になった。

 爆弾岩とキメラが仲間になる頃には、みんなレベルが上がりすぎてて、ボス『ようがんげんじん』戦が楽チンになってしまった。
 イエティが『こごえるふぶき』を使えるようになったのが主な原因。
 うう、なんかせっかくの縛りプレイが台無しやー。

 ちなみに、ルラフェンとサラボナへの洞窟は、とくに書くこともないので省略します。

 ・炎のリング取得時のレベル:24



 【ここまでのまとめ】
 ほしい仲間のためにレベルが上がりすぎちゃって、縛りプレイとしてのハンデが薄くなってしまった。
 ちょっとやりすぎたかのう・・・
 そのせいもあってか、少年時代に比べて苦労するところは少なく、スイスイ進んでしまった。
 このまま最後まで簡単に進んでしまったら、この縛りプレイ自体が失敗になってしまうなー。
 うむむ~。



 ・次回に続く。

(つづきは、こちらからどうぞ)

| | コメント (0)

2011/09/15

ドラクエ5の縛りプレイをはじめてみた

 こんちわ。

 今回は、前回に書ききれなかったゲームの話を書いていきます。
 その中身は、あのゲームの縛りプレイに挑戦です。


【ドラゴンクエスト5】

 最近またやりたくなって、買ってきちゃいました。
 ちなみにPS2版です。
 DS版はすこし簡単になってるという話を聞いたので、どうせならこっちのほうがいいかなと思いました。
 で、DQ5は何回もクリアしています。
 プレイ回数ならば3以上かもしれません。
 ってことで、今回は制限プレイでやっていこうと決めました。

 その制限内容は・・・・・







 『グラップラー刃牙 地下闘技場編 縛り』です。

 これだけだと、どんな縛りプレイなのかわからないと思うので解説します。
 (グラップラー刃牙がわからない人はWikipediaあたりで簡単にお勉強してきてください)
 グラップラー刃牙の地下闘技場編と最大トーナメンと編でのルールは至ってシンプルです。
 それは以下の一言だけです。

 『武器の使用以外すべてを認める』



 武器の使用以外すべてを認める。


 つまり『武器』を使う事を禁止する縛りプレイとなります。
 主人公はもちろん、各種モンスターも爪や牙を装備する事は禁止となります。
 また同時に『道具』の使用も禁止とします。
 武器には該当しないかもしれないが、あくまで素手で戦うグラップラー刃牙の世界を再現(?)するためです。
 もちろん武器を道具として使う事も禁止です。
 あと途中で気がついたが、『盾』の使用も禁止とします。
 腕に装着して戦うのは、これまた素手で戦う刃牙の世界(ry
 同じ理由で、拳に装着しそうなアクセサリーも禁止です。
 星降る腕輪ぐらいならおけーかな?
 (原作では、試合中に道具を使う場面も時々あったが、縛りを強くするため、そこらへんは考慮してません)

 まとめるとこうなります。
 『武器』『道具』『盾』『一部アクセサリー』の使用を禁止とするプレイとなります。
 その他に関しては、呪文や特技の制限は設けないつもりです。
 後半はメラゾーマゲーになりそうな気もしますが、とりあえずこれでやってみます。


《DQ5 刃牙縛りプレイ》


<サンタローズの洞窟>
 早速始まったDQ5の縛りプレイ。
 最初のサンタローズの洞窟でレベル上げ・・・
 と、張り切ったものの、『やくそう』が使えないというのが非常につらい。
 武器も『ひのきのぼう』すら持つ事ができないので、火力が出ない。
 スライム3匹と戦うだけで大苦戦。
 結局、スライムに1回、ドラキー3回、いっかくうさぎに1の計5回の全滅。
 ドラキーって結構攻撃力あったのね。
 せめてホイミが使えればいいのだが、そこまでレベルあげるのも大変。
 最終的には、ホイミを覚える前に、ごり押しで進めてクリア。
 もちろん、帰りはデスルーラ。


<レヌール城>
 今度はビアンカと一緒だからサンタローズよりは楽。
 さらにメラも覚えるので火力もバッチシ!
 さらにさらに、ブーメランを買わなくていいので、集めたお金はすべて防具へ。
 ビアンカ用に『かわのドレス』を購入。
 うーむ、防御力も主人公を超えてしまった・・・
 こんなところで皮のドレスを買う人は非常にマレかな。
 ボス戦に備えてレベル上げもしすぎたのか、おやぶんゴーストはあっさり倒せた。

 レヌール城攻略レベル:8


<春風のフルート>
 今度はベビーパンサー(命名ギコギコ)とベラが一緒。
 ベラは武器を外せない上に、命令もできないのでしかたなく普通に使う事に。
 道中は、レヌール城でしっかり鍛えたので楽・・・とはいかず、大苦戦することに。
 原因は敵が大量に出現することにある。
 だいたいの人は、このあたりでブーメランを持つことが多いと見ての設定なのか、とにかく敵が群れで現れる。
 こちらは、複数攻撃ができるのが、主人公のバギとベラのギラだけ。
 しかも連発するとMPがすぐになくなっちゃう。
 ここでもMP節約の薬草が使えず、もどかしいプレイに。
 や、薬草を食べたい・・・

 ボス戦も大苦戦。
 ザイルはともかく、雪の女王の『ホイミ』がつらい。
 こっちは火力がないので、このホイミ分を取り替えそうするだけで一苦労。
 最後はMPもつきてしまい、殴る事しかできなくなる。
 ギコギコとベラは倒れ、主人公のHPも一桁。
 これは無理かと思われた、最後の主人公の攻撃が会心の一撃に。
 これが止めの一撃になった。
 なんというギリギリな戦いに・・・

 帰りはもちろんデスルーラ。
 妖精の村攻略レベル:11


<ラインハット>
 敵は氷の館より強いが、ボスはいないので楽チン。
 ヘンリーが囚われてる洞窟も、奥までいけばパパスと合流できるし。
 特に書くこともなく簡単に攻略。

 パパスぬわーーっ時レベル:12



<ここまでのまとめ>
 やっぱり火力がなくてボスがつらいが、それ以上に盾がないことによる防御力不足も深刻に。
 ダメージを多く受ける=回復魔法にMPが取られる、の連鎖により攻撃魔法が使いにくい。
 ↑でも書いたが、ブーメランを持ってる事を前提とした敵の大群がボスよりも苦戦する事がある。
 しかし、クリアできないほどの難易度ではなかった。
 むしろ、ほどよい難易度になっていい感じだわ。
 大人になればモンスターも仲間にできるし、いろいろ楽しめそうだ!





《ボツになった縛りプレイ》

 今回は武器なし縛りプレイとなったが、ほかにもいろんな縛りプレイを考えた。
 その一部をご紹介。


【ファイヤーエンブレム縛りプレイ】
 任天堂の有名な手ごわいシミュレーションゲームのファイヤーエンブレム。
 このゲームは自キャラが倒されると復活ができないというシビアなルールがあります。
 ということで、考えたのが、『1度死んだキャラは使用不可ルール
 意外とわかりやすいルールで、戦闘等でHPが0になったキャラを生き返らせて使っちゃダメというものです。
 ボス戦はもちろん、レベル上げ中にうっかり倒れてしまったら、その次点で使用禁止となるルールです。
 もちろん主人公も死んだら、その後は棺おけに入ったままにします。
 作戦は命を大事にがデフォ!

<ボツになった理由>
 素直に難易度が高すぎるというのが理由です。
 前半はまだいいけど、後半は即死魔法などもあるので、かなりきつい旅になりそうだったので・・・
 ミルドラースと戦うころにはマイナーなモンスターしかいないという状況も・・・


【キャプテン翼縛りプレイ】
 『ボールは友達』の名言でおなじみ(?)のキャプつば。
 ボールは友達・・・これを縛りプレイにするとこうなりました。
 『見た目がボールっぽいやつだけでクリアを目指すプレイ
 ボールっぽい、つまり丸っこいモンスターや人間(?)だけしか使えない縛りプレイです。
 具体的には、まずドラクエで有名なスライム。これは丸いのでボールとして使えそう(!)なのでOKという具合に決めていきます。
 一番丸いばくだんいわとメガザルロックもOK!
 ほかには、丸まればボールになりそうな、イエティやブラウニーもOK!
 ボール(丸いもの)は友達さ!

<ボツになった理由>
 基準が曖昧なところや縛りとして弱いという判断でボツに。
 意外とマイナーなやつたちも、ちゃんと育てれば十分使えるかもしれんし。
 それにせっかく仲間になったモンスター達を蹴っ飛ばしてると思うと、あんまりいい気分にならないからね。


【スーパーサイヤ人縛りプレイ】
 ドラゴンボールで有名なスーパーサイヤ人。
 見た目の特徴として髪が金髪になるというのがあります。
 ということで、考えたのが『髪が金髪or体毛や体がきいろ限定プレイ
 これもルールは簡単。
 金髪か、見た目が黄色いやつ限定でプレイするというものです。
 嫁はビアンカで決まり!

<ボツになった理由>
 まあ悪くはなさそうだが、刃牙しばりに比べて面白さが足りないかなと。
 きあいため等、戦闘力(攻撃力)を増やせるやつを入れてもいいのかな?


【サクラ大戦縛りプレイ】
 主「グランバニア軍団、出撃!」
 モ「がおー!」
 隊員が隊長以外女性で編成されてる帝国華撃団。
 ドラクエ5の世界を女だけで救え!
 というわけで、タイトルからどんな縛りかわかるだろうけど、『主人公以外は女性(♀)だけ縛りプレイ』です。
 (↑変な意味の縛りという意味ではない)
 主人公を大神隊長に見立てて、女性とメスっぽいモンスターでクリアを目指すものです。
 別名、シュラク隊縛り。

<ボツになった理由>
 嫁と娘以外の人間の女はいないし、モンスターも見た目がメスなのはエンプーサしかいないため、軍団が築けず。
 スライムなどのかわいい系をメスとして扱ってもいいかもしれんが、基準が曖昧になりそうなので諦めた。



【その他の縛りプレイ】
 あとは普通に、人間だけクリア、マイナーモンスターのみクリアなども考えたが、これらはほかの人でもやってそうなのでパスしました。
 どうせやるなら他の人がやらないような縛りプレイをしたかったからね。



【おまけ】
 何か縛りプレイのアイディアあったらいつでも書き込んどいてくれ。
 2周目をやるときに採用するかも?



《少し前に買った古いゲーム》

 LOMを終わらせたら、ZOEとアヌビスの2作品をプレイする予定だったが、ドラクエ5を割り込ませてしまった。
 ドラクエ5が終わったら、今度こそプレイしよう・・・
 あととあるゲームも・・・




<DQ5縛りプレイ つづく>

<続きはこちらからどうぞ>

| | コメント (0)

2010/05/18

ドラクエ9おんりー(長いよー)

こんちわ。

うちの布団圧縮袋が1日で元に戻るGP03です。
(ふくらんどるー!)


たしか、500円で2枚とかいうのを買ってきたのだが、どこかに穴が開いたからなのか、ちゃんと袋を閉じれてないのかあっというまに元に戻ります。
しかも、元に戻るときに押入れの空気を吸ってしまうので、余計大変です・・・
もし圧縮袋をガチで使うというなら、高級なやつをオススメしときます。


ということで、今回はそんな布団圧縮袋とはまったくの無縁であるドラクエ9のお話です。
もうすっかりDQ9にハマってしまったわ。
以前報告したときよりもだいぶ進んだので、その報告を。


【ドラクエ】

↑ドラクエタグ作りました。
事実上DQ9専用になりそうだが・・・


【DQ9】

DQ9はストーリークリア後にできる事が多くてやり応えがバッチシですな。
前にも言ったが、こういったやり込み要素が楽しめる人じゃないと、ボリューム不足を感じるかもしれません。

さて前回話したときは2ターンで全滅させられてしまったバラモス戦。
今日はこのバラモス戦からのお話です。


【対バラモス戦(Lv1)】

バラモスの怖い攻撃は、しゃくねつの炎つうこんの一撃の2つだ。
1ターンにこの2つをやられるとPTの建て直しが難しくなります。
つうこんの一撃は、スキルなどでHPをあげるしかないので、対策という対策がしにくいが、炎のほうは別。
ってことで、今回のバラモス再戦に向けて用意したのが、「ほのおの盾」である。
この盾を全員に装備させて炎耐性を上げ、さらに戦闘中に道具として使うと炎のバリア(たぶん炎耐性UP?)がPT全体にかかるので、これ1個だけでもしゃくねつの炎対策はバッチシです。
さらにほかの装備でも炎耐性をあげておけば、炎のダメージを100ダメージ以下に抑える事ができます。
とくに水のはごろもを装備した『みじぃ』なんかは、50ぐらいしかダメージを受けなくなりました。
これで準備バッチシ!
ふたたびバラモスに挑戦!

PT構成は・・・

まほうせんし
バトルマスター
けんじゃ
けんじゃ

です。
万が一、賢者一人がやられてしまっても、もう一人の賢者で立て直すことができる回復重視のPTとなっています。
で、魔法戦士はピオリムでみんなの足を早くして、さらにバイキルトでバトマスの火力UPを図ります。
バイキルトを受けたバトマスは、はやぶさの剣+はやぶさ斬りによる4回攻撃をひたすらしてもらいます。
けんじゃ2人は、それぞれ呪文によるサポートをしてもらいます。
2人いるので回復しつつ補助を掛けられるのがメリットです。
もちろん、炎の盾はこの2人のうちどちらかにお願いします。

この戦い方をすれば、よほどの事がない限り全滅することはないはずです。
回復しつつ攻撃を続けていると、バラモスは倒れました。
リベンジ成功やー。

<バラモス戦 感想>
最初は強すぎると思ったが、ちゃんと対策を取ると意外と簡単に倒せた。
こういった対策を考えたりするのがRPGの醍醐味かな?


【ほかの魔王たち】

バラモスを倒したうちのPTは、ストーリークエストをこなしつつ次なる魔王の地図を探す旅に。
とりあえず、すれちがい通信やクエストなどにより、エスターク、デスピサロ、ゾーマの3人(?)以外の地図は手に入りました。
バラモスを倒してから修行の旅も行っていたので、特に苦戦することもなくほかの魔王も倒せました。
(まあ、まだLv1のヒヨっ子だがね)
次の目的は、Lv99魔王の撃破かな?
がんばって(魔王を)育てるぞー!

しかし、この魔王を育てるというのもなんだかなー・・・
まあ、いいか。


【すれちがい通信 茨城編】

残念ながら廉価版が出たとはいえ、約1年前に出たゲームのすれちがい通信を行うのは難しいです。
各地のゲーセンを周って、一人とすれちがえればいい方といった具合です。
秋葉原なんかでは、今でも1日100人ぐらいとすれちがえるそうですが、どうしても地方の片田舎ではなかなか・・・

と、思っていたら・・・

茨城県にもすれちがい通信がモリモリできるポイントがあったんでござるよ!
それが「イオンモール水戸内原」、通称内原ジャスコです。
ごめんなさい、めっちゃ地元ネタなので、簡単にご紹介を。

内原ジャスコは、県庁所在地である水戸市のとなりにあります。
(詳しい場所は上記リンクからどうぞ)
国道沿いにあるとはいえ、田園地帯のど真ん中に、ドン!っと立っていて、周りの風景とのギャップが激しい複合型のお店です。
田舎の広大な土地を利用した巨大なフロアが売りかと思います。
イベントも毎日のようにやってるようで、そこそこ名の売れたお笑い芸人の営業とかも行われてるとか?
まあ、もすこし簡単に言うと、最近流行ってる郊外の超大型のお店ってやつですね。

で、話を戻して・・・
この内原ジャスコには、ゲームコーナーが2箇所あり、そのうちに1箇所が低学年のお子様を対象とした施設となっています。
そして、そこには、子供達に大人気の「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」が5~6台設置されているのです。
もうそこは、子供達の溜まり場のようになっており、近くのベンチでDSやってる子もたくさんいます。
今だとDQMJ2をやってる子が多いが、DQ9のすれちがい通信をやってる人も多いようで、1日で10人ぐらいすれちがえました。
うおー!1日10人とか夢のような世界やー!
とくに、バトルロードとの連動による通信で、『ラプソーンの地図』がもらえたときゃ、おじさん感動しちゃったよ!
ありがとう!子供達!

とりあえず目標の50人が集まるまで、暇があったら通ってみようかな?
なんとか50人とすれちがってリッカの宿屋をでかくしなければ・・・

ちなみに名前が『デンドロ』っていうの名前で、魔王の地図を配っているのが私です。
今度遊びに行くときは、オンリー地図でも持っていこうかな。


【オンリー地図】

DQ9の宝の地図には、一定のモンスターしか出ない地図が存在します。
有名なところでは、メタルキングしかでないフロアがある「まさゆきの地図」などです。
おいらもぜひともメタキンオンリー地図がほしいなーと思っていたのだが・・・

先日、すれちがい通信でもらった地図を探索していると、1匹のはぐれメタルが出てきた。
まあ、せっかくだし倒しておくかと思い戦闘開始。
無事に倒して経験値ウッホウホになったところで、洞窟の探索を再開。
すると・・・
また、はぐれメタルが出てきたのです。
ん?
2連続ではぐれメタル??
これはまさか!と思い、戦闘をせず洞窟を探索していると・・・
また、はぐれメタルがピチョンと落ちてきました。
これで確信しました。
そう!
実はこの地図、「はぐれメタルオンリー地図」だったのです!
もうそれを発見してからレベル上げが楽になってすっごく助かってます。
贅沢を言えばメタルキングオンリーのほうがいいけど、俺にはこれでも大満足!
てか、もうレベル上げが楽しくて楽しくて、1日中やっちゃったぐらいだよ。
(このレベル上げにより、魔王戦が楽になりすぎてしまったが・・・)

てか、このはぐれメタルしか出ない地図とかって、何気に子供の頃の夢を叶えてくれた物なんじゃないかな?
ドラクエをやったことある人ならば、誰だって、はぐれメタルしか出なければいいのになーとか考えたはず。
俺だって、記憶にはないが、絶対に想像したことあるはず。
なんだかそう思ったら、それだけでもDQ9をやってよかったなーとか思っちゃったよ。
うんうん。

そしてこの地図をくれた茨城県の勇者(天使?)よ。
マジでありがとう!


【新人さん、いらっしゃ~い】

新しく加入したメンバーを紹介。

バトルマスター:かのん
Dq_kanon
近接攻撃に特化したキャラクター。
補助を全部いれて攻撃すれば、4桁ダメージをも超えるダメージをたたき出す、スーパーアタッカー。
足が遅いのが欠点だが、確実に補助を受けてから攻撃できるというメリットもあるので、どっこいどっこいである。
戦闘をAIに任せて、ガンガンいこうぜ!にするとギガシュラッシュを連発する困り者でもあったりする。


せんし:マスター
Dq_masuta
同じく近接特化の前衛キャラ。
こちらは、レベル上げのお供用として作成しました。
主人公一人でレベルあげたほうが経験値が多いのだが、事故防止のために連れて行くことに。
レベル上げ用のキャラなので、装備も適当です。
思いっきり見た目重視となっております。
PSUでのマスターは、どんな服も着こなすという特技(?)があるが、うちのマスターも大抵の装備は着こなしてしまいます。
気分によっては、メイドさんにしたりビアンカの服を着せたりする事もある。
魔王戦で、攻撃重視にしたいなら、このマスターの出番は十分考えられる。
もしかしたら、将来レギュラーになるかも?

あと褐色肌の女の子ということで、同じく褐色つながりのミネアのコスプレをさせてみた。






Dq_masuta2
あれ?
なんかあんまり似合わないような・・・
ちなみに、もうすこしたつとマーニャがリッカの宿屋にやってくるらしい。
そっちなら似合うかな?


<最近のお気に入り装備>

賢者みじぃ+みずのはごろも
Dq_mizy2
みじぃのイメージカラーである青と、水の羽衣の青がすっごく合うんだよね。
特別ガチで戦いたい場合以外は、つねにこの格好をさせてつれています。
この格好をさせた時、みじぃを作っといてよかったと思ったわ。


<おまけ>

賢者えっぐ+しあわせの帽子
Dq_egg2
しあわせの帽子は、装備してる状態でフィールドを歩くとMPが回復するすごく便利な装備です。
宝の地図の探索では、ぜひとも装備していきたい一品である。
だが、最大の欠点は、見た目がかっこ悪い事だ。
見た目を気にする人は、泣く泣く装備しないという人もいるのではないだろうか?
けど、うちの場合は、たまたま(タマゴなだけに)えっぐを魔法使いにしていたので、助かってます。
だって、こんな変な帽子は、えっぐ以外に似合う人は絶対にいないもん。
みじぃの時と同じように、えっぐを作っといてよかったと思ったわ!


【今後のDQ9】

上ですこし書いたけど、魔王Lv99の撃破を目指すかな。
でもこないだ、宝の地図の一番強いボス、グレイナルにガチで負けたんだよなー。
PTをさらに強化するほうが先かな?

まだまだやる事がたくさんあるドラクエ9。
今後も進行があれば、またここで紹介したいと思います。

ではまた次回の更新で会いましょう~。



<おわり>

| | コメント (1)

2010/03/30

ドラクエ9おんりー(一部修正、追記あり)

こんちわ。

本棚を整理したらドラクエの小説がワラワラ出てきたGP03です。
(1~7あります)

これを見た瞬間『どんだけドラクエ好きやねん!』って自分につっこんじゃったよ。
どうやら俺は、昔っからドラクエっ子だったようです。


ということで、今回はDQ9のお話です。
廉価版を購入してから約1ヶ月。
今の進行状況は・・・

<*ネタバレはできるだけしないようにするつもりだが、見たくない情報もでちゃうかもしれないので注意してください>



【DQ9】


購入から約3週間、ずっとやり続けてクリアしちゃいました。
ネット上では『9のラスボスは弱い』という話だったので、ラストダンジョンを抜けて速攻喧嘩売ったら、見事に返り討ちにあいました。
(オウ)
しかも2回!
や、やるじゃないか・・・
てか、今回の仕様で、呪文は他の職業に引き継がれないので、回復魔法が使えるキャラがやられてしまうと、一気にPTが崩壊することが多々ありました。
だからといって回復役を2人も入れると、今度は火力が低くなるし・・・
PTのバランス取りが、何気に難しいと感じました。

で、メインストーリーを終えてからの感想としては、ドラクエにしてはストーリーが短すぎのような気がしました。
7・・・・は置いといて・・・前作の8にしても3週間程度で終わるゲームじゃなかったような・・・
まあ、ここはPS2からDSへとハードが変わったせいかもしれないが、やっぱりちょっと物足りなさがあったかな~。
その代わり、クリア後のやりこみ要素がかなり多いです。
むしろ、そこから真のドラクエ9が始まると言ってもいいぐらいです。
このやり込み要素をどう捕らえるかによって、ドラクエ9の評価が大きく分かれるんじゃないかな。
俺はMORPGっぽい、このクリア後のおまけ(?)が好きなので、評価するけどね。

ってことで、今現在もDQ9をプレイしてます。
今はクエストをちびちびやりながら、PTの育成に励んでます。
実は、ほぼクリア後の状態でバラ●スに勝負を挑んだら、たったの2ターンで全滅してしまいまして・・・
なので徹底的に強化して、バラ●スぐらいコテンパンにしてやりたいと思います。


【クリア時のうちのPT】

せっかくなので、クリアしたときのPTをご紹介。

名前:デンドロ
職歴:たびげいにん→せんし→まほうせんし
特徴:弓がメインな主人公
Dqore
最初は、戦士でやっていったが、飛び道具が好きなので、弓が使える職業の魔法戦士に転職しました。
この魔法戦士は、どちらかというと戦士よりのステータスをもっているので、普通に物理攻撃も高めとなります。
たぶん、攻撃も魔法も使えるという特徴から、一番勇者さまに近い形の職業になるんじゃないかな?
魔法のほうは、攻撃魔法は覚えないけど、ピオリム、バイキルト、ルカナンなど、様々なサポート魔法を覚えるので、様々な場面で活躍しました。
個人的にこの魔法戦士はオススメの職業です。
ちなみに、当初おうえん係として使う予定だったのだが、冒険の後半あたりからテンションを無効にする攻撃が多くなってしまい、あまり使わなくなりました。


名前:あかいぬ
職歴:ぶとうか
特徴:ツメオンリー
Dqinu
最初から最後までツメで敵を攻撃しまくったわんこ。
ツメのスキル、ネイルスクラッチやタイガークローなどの多段攻撃を覚えてから、その火力はトップクラスに。
バイキルトと合わせるととんでもないダメージが出たりもします。
ただ、物理攻撃しかやることがないので、コマンドの選択はちょっとつまんなかったかな・・・


名前:みじぃ
職歴:たびげいにん→そうりょ→けんじゃ
特徴:火を吹く
Qdmizy
中途半端に旅芸人のスキルを上げてしまったばっかりに、AIに戦闘を任せると『火吹き芸』しかやらなくなってしまった。
なので、道中は『火吹きのみじぃ』と勝手に呼んでたわ。
原因は、武器スキルを上げなかった事かな・・・
しかし、回復の事となると僧侶の『しんこう心』のおかげで脅威の回復力を誇る。
ベホイミだけで大抵はHP全快にしてしまうほどだ。
けど、回復は彼女に頼りっきりだったばっかりに、うっかり『つうこんのいちげき』などで倒れてしまうと、PT崩壊のきっかけになってしまう事も・・・
何気にPTで一番重要な位置にいたかもしれない。
それと今回のドラクエ9は、僧侶がバギ系の魔法を覚えないので(バギが存在しない)非常に火力不足になってしまった。

(4/1 17:00頃追記 注*バギありました・・・
旅芸人とスーパースターが覚えるようです。
ああ・・バギ~)

回復がほしいところでは大活躍なのだが、PTのHPが満タンの状態になると防御しかやることがない場面が多かった。
最後の最後で賢者に転職したけれど、育成が不十分で結局最後まで火力不足で、回復専門となってしまいました。


名前:えっぐ
職歴:まほうつかい→パラディン
特徴:職歴をまったく生かしきれない・・・
Dqegg
魔法使いから正反対の前衛職に転職させたために、すっかりゴツくなってしまったえっぐ。
冒険の後半になると、敵の攻撃も激しさを増していき、魔法使いのHPと防御力では、心もとなくなってしまった。
なので、その弱点であるHPや防御力の低さを補おうとパラディンにしたのだが・・・
育成が間に合わず、結局そのまま来てしまった。
魔法使い時代では、攻撃魔力を上げるように育成してきたために、攻撃魔法を使えないパラディンでは、相性が悪く、どうにも中途半端なキャラになってしまった。
しかし、その硬さはPT1となり、高いHPを生かして敵の攻撃を耐えまくってました。
回復魔法もすこしできるので、みじぃの援護などもしたりと、縁の下の力持ち的な活躍をみせてくれた。
最後はすこし中途半端な感じになってしまったけど、PTに欠かせない存在だったのは間違いない。

ちなみに、こうして終わってから見ると、みじぃとえっぐの職業が逆だったかなーと思ってます。
みじぃがパラディンならば、火力不足を武器スキルをあげて補えるし、回復もそこそこできるバランスのいいキャラに。
えっぐを賢者にすれば、元から高い攻撃魔力をいかして攻撃魔法を繰り出すものよし、回復もできちゃったりと、とってもバランスがよかったような。
まあ、クリアできればなんでもおっけー!


【今後の育成】

残念ながら、ツメしか使わせるつもりがない『あかいぬ』はここで休んでもらう事に。
最終的には『はやぶさの剣』を使わせた方が火力が出るとのことなので、わんこに変わって『かのん』が新たにPTに加わりました。
彼には、剣を使わせて、物理火力担当になってもらう予定です。
ちなみに育成中に、ウォロル村の東の高台(通称スライムヶ丘)でレベル上げしてたのだが、そこに出てくる『ベホマスライム』にやたらと好かれてしまい、ボコボコ攻撃を受けてました。
なぜか『かのん』だけがやたら狙われてました・・・

みじぃは、賢者を続行。
攻撃魔法も回復魔法も使えるバランスのいいキャラになってくれるといいな。

えっぐもパラディンを極めてから、賢者に転職させました。
これで打たれ強い後衛キャラになると思います。

それとメタル狩り用に、みじぃには槍を、えっぐには斧を極めさせています。
とくに斧は、意外と便利なスキルを覚えるので、ザコ戦でも大活躍です。
(あれ?攻撃魔力が関係ないような・・・?)

最後に残った主人公は、戦士の『ゆうかん』スキルをあげつつ、魔法戦士のレベル上げ中です。
火力と耐久力をあげつつ、なんでもできるようにしたいです。
余裕が出てきたら、魔法戦士の『フォース』もあげたいかな。
もちろんメインウェポンは弓だ!


【最後に・・・】

上記の育成方針を決めるのに約半日を要してしまった・・・・
特にえっぐには、斧を使わせてあげたかったので、どうすれば斧を使いつつ、魔法職が生かせるかを考えるのに苦労しました。
結局、斧を他職で極めさせてから賢者に転職というゴリ押し戦法だったけどね。
でもおかげで、理想的なえっぐ(?)になってくれたわ。

今後の目標は、もちろん初対戦時に2ターンで殺されたバラ●ス討伐です。
その後も歴代魔王たちをどんどん倒していきたいです。

といった感じで、まだまだDQ9を堪能中だったりします。
なんだかんだですごく楽しいよ!ドラクエ!
また動きがあれば報告したいと思います。

ではでは。



<おまけ>
現在のすれ違い通信の人数9人。
目標の50人までは相当遠い・・・
うう・・片田舎では、これが限界なのか・・・


<おわり>

| | コメント (2)

2010/03/08

すくえに祭り~

こんちわ。

『どうのつるぎ』は、高級品だと思うGP03です。
(1こ180G)

ドラクエ1をやったときに、この銅の剣を買えた時のうれしさときたら・・・
ゴーストが1発で倒せるようになる、魔法の剣やー。


ということで、今回はスクエニ特集~。
廉価版のDQ9とゲーセンで稼動中のロード オブ ヴァーミリオンIIのお話です。
まずはDQ9の紹介から。


【その他ゲーム】


【ドラゴンクエスト9 星空の守り人】

たしか、あれは2月の上旬ごろ。
そろそろDQ9もやってみたいなーと思っていたところに、廉価版が発売されるという話を聞いた。
じゃあ、せっかくだからその廉価版が出たら買おうと決心したのがはじまり。
で、先日、無事に購入できました。
ドラクエは、昔から大ファンだけど、絶対に発売日に買わなかった俺が、初めて発売日に買ったドラクエです。
・・・廉価版だけどね!

【内容・・・は、すっとばして感想を】
なんだかんだで、ドラクエっぽいドラクエだなーというのが第一印象。
と同時に、ちょっと古臭い感じもしました。
けど、俺はこのドラクエの古いシステムが好きなので、そんなに気にならないかな。
あとは、処理落ちなど細かい不満点はあるけど、概ね好評価。
やっぱりドラクエ、いい仕事してますなー。

唯一、大きな不満点としては、エンカウントがシンボルエンカウントになってしまったこと。
(今まではランダムエンカウント)
今までドラクエをやってきて、MPを使い果たしヘロヘロの状態になった時、『敵が出てきませんように~』と、お祈りしながら歩いたもんです。
今回は、敵が見えているので簡単に回避できてしまいます。
このことにより、緊張感が大幅に減ることに・・・
うまくいけば1回も敵と戦わずにダンジョンのボスへ到達することも容易になってしまいました。
これは大きなマイナス点です。
特定の敵とも戦いやすくなるというメリットも一応あるけど、やっぱりどうみてもこれは改悪かなーと思います。


【総合評価】
点数をつけるならば、79点ってところかなー。
ドラクエらしさがすごく出ているのは評価するけど、やっぱりエンカウント方式に問題ありです。
それさえクリアしてればもっと点数が高くなったと思います。


【現在のパーティ】
うちのメンバーをご紹介します。

名前:デンドロ
職業:せんし
特徴:主人公

ダーマの神殿で転職できるようになってから、育成方針を考えるのに、ほぼ1日費やしました。
問題なのが、主人公専用の特技『おうえん』である。
これがあるために、主人公を火力や回復役にまわし難く、非常に頭を悩ませました。
で、行き着いたのが、防御を徹底的にあげて、ボス戦は延々とおうえんしまくるという戦法に。
具体的には、盾とゆうかんのスキルを上げていくことにした。
主人公が戦わず、ずっと後ろで応援してるゲームもめずらしい・・・


名前:あかいぬ
職業:ぶとうか
特徴:ツメオンリー
Wanko
仲間を作成するにあたり、一番最初に作ったのだがこの『あかいぬ(赤犬)』です。
足が速くて火力がある武闘家(3は、ぶどうか?)は、ドラクエ3からよくお世話になってました。
で、仲間内(966の面々)で1番武闘家が似合うかを考えた結果、わんこが選ばれました。
敵味方含めて1番最初に動き出してくれるので非常に助かってます。
ただ、ツメしか使わせない予定なので、後半どうしようか考え中。
さすがにツメだけで最後まで進めるのは無理だよね・・・?
新たなキャラを育てるか、わんこに剣を持たせるか・・・
うむむ~


名前:えっぐ
職業:まほうつかい
特徴:ぎひ
Egg
やっぱり大火力の魔法使いはぜひともほしいところ。
魔法をばんばん使うイメージから、えっぐを選択。
(えっぐのPSO時代はフォニューム)
早いうちからヒャドを覚え、ルカニなどのサポート魔法もばっちし!
MPさえ気にしなければPTで一番活躍できちゃう頼もしい仲間だ。


名前:みじぃ
職業:たびげいにん→そうりょ
特徴:見た目がヘン
Mizy
最後の4人目の枠は、サポート役をいれたかった。
なので、サポートが似合いそうで女の子なみじぃにしてみた。
(男2女2でPTを編成したかった)
職業は、いろんなサポート系特技を覚えそうだった旅芸人にしてみたのだが・・・
残念ながらあんまりサポート向きの職業ではなかった模様。
さらに冒険を続けていくと、敵の攻撃がきつくなってきたので、僧侶へと転職させました。
今は槍とホイミでみんなをサポート!


といった具合のうちのPT。
わんことえっぐで敵にダメージを与えて、主人公ともじぃがそれをサポートといった感じで戦ってます。
やっぱ僧侶がいるととても安定するわねー。
薬草などの回復アイテムに頼らないならば、PTに1人は必須ですな。


今後も気が向いたら定期的に進行状況などを書いていくかもしれないので、好ご期待?



【ロード オブ ヴァーミリオン】

続いてLovのお話です。
ロードオブヴァーミリオンは、アーケードで稼動中のカードゲームです。
実物のカードを操作して遊びます。
実は、去年の年末あたりから、三国志大戦を休止してこっちばかり遊んでます。
正直、あんまりおもしろくもないんだけど、うちの近所のゲーセンだと、1プレイ200円で出来るので、ついつい遊んじゃうんだよね。
三国志大戦は1プレイ300円、コンテニュー200円が基本です。
2プレイした場合の差は、たったの100円ですが、俺はそんなにいっぱいゲームをやらないので、1プレイ200円のほうが遊びやすいってのが、かなり大きいです。
また、Lov2になってから、ロマサガ2の七英雄がゲスト参戦。
七英雄の7人すべてがカードになって出てきます。
ロマサガファンの俺としては、ゲームが終わったあとのカード排出も楽しみです。

ってことで、半分カード目的でプレイしています。
今は七英雄のうち、ワグナスとノエルを手に入れました。
(もらい物とお店で買ったものだが・・・)
七英雄コンプまであと5枚!
がんばって集めるぞ!


【おまけ】
今はストーリーモードだけで遊んでます。
現在ステージ5-1。
ここでちょっと苦戦してます・・・

せっかくなので、ここまでのボス戦の簡単な感想を。

・ステージ1:フェンリル戦
最初のボスだけあって、あんまり強くない。
1回でクリアできた。

・ステージ2:シャドウドラゴン戦
でっかいボス。
このステージだけ、特殊なマップになっている。
攻撃の避け方がわからず、初めて戦った時は、開始10カウントで負けた・・・
4~5回目ぐらいでようやく倒す。

・ステージ3:ダークアリス戦
初心者の壁として有名なボス。
俺は楽勝にクリアしてみせるぜ!
と思ったら、見事に10連敗。
12~3回目でようやく倒す。
正直、もう1回やれと言われてもクリアできないと思う。
ちなみにクリアしたときのデッキ。
SRワグナス、Rノエル、UCセラの天使、C暗黒騎士
以後、この4枚デッキが俺のメインデッキになる。

・ステージ4:九尾戦
とってもLovらしいボス。
やってくることは普通だが、慣れるまでは結構大変だった。
3~4回目で撃破。



<おわり>

| | コメント (2)