2016/08/16

新しいPCでもトラブル!

こんちわ。

今年も暑い夏が続くなか皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は新しいPCを堪能しております!


っと、言えればよかったのだが、そうも言ってられない事態が発生してしまった。
やっぱりあったというべきか『PCトラブル!
今回はいったい何が!?



【PC】

うーむ、なかなかビシっと決まりませんなー。
実質初めてのPCということで、所々に問題が出てきちゃうわ。



《CPU発熱問題》

ある日、いつものようにゲームで遊んでいたらCPUの温度が異常に高いことが判明した。
高いときは80度近くまで上がってしまい、これはちょっと問題あるなと判断。
対処法、原因を調べることになった。


<原因>

ファンが止まっていた、CPU本体が不良品だった、という話ではありません。
今使ってるこのCPU(Core i5 4690K BOX)は、元々高負荷時にこれぐらい高温になるそうだ。
『このCPU』というよりは、CPU全般がこんな感じなのかね。
特別、CPUが悪いという話ではないようだ。


<以前のPCは・・・>

今まで使ってたPCでは、最初からついてるファン(リテールクーラーと呼ばれるもの)ではなく、社外品のCPUクーラーを使ってました。
(名称、メーカー不明。たしか2000円ぐらいの8cmファンのやつだと思った)
このファンを使っているとCPUは高温になることはなく、非常に安定して動いていた。
しかし、新しいPCにするにあたって、別にこれ(CPU用ファン)がなくてもいいかなって軽く考えていた。
まさか、リテールクーラーだとこんな高温になるとは思ってなかった・・・



<対処法>

まずはマザーボードの設定で、ファンのスピードを上げてみることにしました。
普段は1000RPMぐらいの回転数なのを、ターボモードにして、2000RPM以上の回転が出来るようにしました。
これでどうだろう?
この状態で高負荷にしてみると・・・

ぶお~~~ん!
(ファン、高速回転中)

今まで静かだったうちのPCが爆音をあげているー!
しかも、温度が下がらない!
むしろ上がった感じもするし!
高速回転にして、ファンの熱が発生するようになったりしたんかな・・・
(↑個人の感想と妄想です)


<対処法2>

さて、次はどうするか。
一番いいのはCPUファンをつける事ではあるが、ほかに出来る事はないだろうか?
ちょいっと調べてみたら『CPUグリスを変えたら温度が下がった』という記事をみつけた。
これで済むなら、お金もそんなにかからないし、今使ってるファンもそのまま使えるわ。
ということで買って来たのはこちら。


アイネックス シルバーグリス AK-450-SS
(リンク先はアマゾンになります)

以前買ったグリスはどっかいっちゃったので、新たに買ってきました。
パッケージの袋に『熱伝導率』という、グリス会の戦闘力みたいなのが書いてあったのでこれと値段で選びました。
(P●デポでは1500円しました。アマゾンのほうが送料いれても安い!)
一番安いグリスでは熱伝導率0.6W/m・℃という数字だったのに対し、俺が買ったやつは9.24W/m・℃!
数字上では一般人とナッパぐらいの差があるんではないでしょうか!
これは期待できそうだ!

ぬりぬり・・・
(グリス塗り中)

無事塗り終わりました!
なお、初めて使うときに一気に中身が出てしまいビックリしてもうた・・・
半分ぐらい出ちゃったんじゃないかな・・・
みんなが使うときは、ほんのちょっと出すつもりぐらいの力でやったほうがいいぞ。

さて、塗り終わって早速PCを起動、高負荷を与えるためにゲームを起動して様子を見ます。
すると・・・

CPU温度70度前後

うーん、高いときは75度ぐらいになったりしたので、下がったと言えば下がったのだが・・・
思ったよりは落ちませんね。
これで解決とはいたりませんでした。


<対処法3>

さて、こうなったら奥の手、社外品のCPUファンを付けるしかない。
とは言ったものの、どれを付ければいいかサッパリである。
これまた軽く調べてみると、虎徹と呼ばれるものが評判がいいというのがわかった。

サイズ 【HASWELL対応】 虎徹 12cmサイドフロー SCKTT-1000

リテールのクーラーが8cmのファンに対し、これは12cmと大きなファンになっています。
それに合わせてヒートシンクも大型に。
冷却効果もリテールの物とは比べものにならないでしょう。
ただし、このCPUファンは大きな欠点があります。
それは大きすぎるという点だ。
あまりにも大きなヒートシンクとファンが、ケースをはみ出してしまったり、メモリ、グラボといったパーツにぶつかってつけれないということもある。
特に俺が使ってるマザー(B85M-G)は、MicroATXという小さいマザーなので、ケースのサイズをクリアしたとしても、他パーツとの干渉が避けれない可能性がある。
(ケースもミドルタワーで怪しい)
サイズをよーく調べて選べばいいんだけど、どこからどこまでを計ればいいのかいまいちわからないし、正しく計れているのかも疑問だし、このサイズは危険な気がした。

一回り小さいファンというと、こちらもある。

CoolerMaster Intel/AMD両CPU対応 サイドフロー型CPUクーラー Hyper TX3 EVO (型番:RR-TX3E-28PK-J1)

こちらは8cmファンなってる分小さくなってます。
リテールファンと比べると多少大きくなっているのと、ファンが横向きになるのでメモリの干渉が気になるが、さすがにこれぐらいのサイズなら余裕で入るでしょう。
虎徹で(付けれなくて)失敗するぐらいなら、この小さいので・・・
と、購入を考えていたのだが・・・

そんなに慌てて購入を急がず、もう少し相談してから買おうと思った。



今回相談に乗ってくれたのは、このブログでは毎度おなじみKeNJIこと「けんちゃん」・・・ではなく、PSO時代から一緒に遊んでいる「 egg(えっぐ)」だ!
(ばばーん)
えっぐに相談してみると、マザーの方から調べてみたら?と、アドバイスをもらった。
つまり、俺が使ってるマザーにCPUファンをつけてる人を探してみるということだ。
なるほど、これは盲点だった!
CPUクーラーをつけましたという話があれば、そのサイズと比べたりすればいいし、逆の『●●だとつけれなかった』というのでも十分役にたつ情報を得られる!
これが後の大成功へと導かれる事となる。

この相談を受けて、早速調べてみたらちょうど同じマザーを使ってCPUファンの相談をしているページを見つけた。
それがこちら
どうやら俺と同じ悩みを持つ人が相談しているようだった。
(奇跡的にCPUも同じ。あんまり関係ないが)

このページの相談者に対する返事のひとつに、とあるファンをおすすめしているのが目についた。
そのファンは、12cmのファンをつけているのに小さめのサイズとなっているのが特徴とのことだった。
12cmファンは、サイズ的に不安ではあるけれど、どうせなら8cmファンよりも大きいのをつけてみたい。
悩んだ挙句、このファンを買ってみることにしました。


ってことで、実際に買った商品がこちら。

Thermaltake NIC L31 TDP160WサポートのCPUクーラー 日本正規代理店品 FN722 CL-P001-AL12RE-A

虎徹と同じ12cmファンをつけているのが、サイズは虎鉄より若干小さくなっている。
どっちがより冷えるかとかはわからないけれど、リテールファンよりは絶対いいはず!


サイズ確認

アマゾンのお急ぎ便で頼んだら翌日に着たわ。
サラ●ンダーよりはやーい!

到着したらまず確認したいのが、うちのPCにつけれるかの確認です。

3

2_2

こちらがとりあえずヒートシンク部分だけを置いてみた写真。
うお、思ったより高さがぎりぎりだ!
余裕があると思っていた横幅もかなりギリギリで、これ以上大きかったらケースにぶつかるぐらいでした。
しかし、パっと見ではちょうどいいサイズに見えます。
うむ、ぜんぜんいけそうだな!



<取り付け>

古いPCのCPUクーラーは、リテールファンと同じ感じにつけれるやつだったが、この商品はちょいっと違います。
まず、マザーボードに土台となる部分をつけないといけません。
これは、マザーの裏にも金具をつけないといけないので、ケースからマザーを外さないとダメです。

と、思っていたら・・・



4

この写真は、ケースの右面(マザーの裏側)になります。
あらやだ、このケース、CPUの裏がパックリあいてるわ。
女性の背中丸出しファッションみたいになってました。
このまま金具の取り付け出来ないか部品をあてがってみたら、多少隙間に入れないとダメだったけど、十分可能だということが判明した。
よかった!
これでグラボやメモリを外す手間が省けたわ!
正直、取り外すときにパーツ壊さないか心配してたところだった!


さて、実際の取り付けにかかります。
説明書は日本語のがあるのでわかりやすい・・・はずだったのだが、どうも説明が大雑把でわかりにくかったです。
順番的には、バックプレート(クッション付きのやつ)→フロントプレート→ヒートシンク→ファン、という感じになります。
ネジも種類がたくさんあるけれど、すべて個別になっているし、アルファベットの印もついているのでこれは助かりました。
グリスも付属しているけど、今回はそれを使わず俺が買ってきたやつを使いました。

カチカチ・・・
(CPUクーラー取り付け中)




5

はい、出来ました!
サイズ、めっちゃギリギリですね!
特にメモリの部分。
メモリをCPUから遠い部分につけといてよかったわ。
左側のほうにつけていたら、ファンを塞いでしまう形になっていたのは間違いない。
けど『接触』するほどではないね。
その気になれば3~4枚目のメモリもつけることは十分可能だとは思う。
その予定はしばらくないけど・・・

とにもかくにも、無事にケースのフタを閉める事が出来たし、ちゃんと装着できてよかった!



<温度を確認>

こんなにデカいCPUファン&ヒートシンクをつけたのだ。
きっと俺が納得する温度になってるはず!

ゲームを起動して高負荷にしていきます。
すると・・・・



『CPU温度50度以下!』


おお!
これはだいぶ落ちましたね!
大雑把な見積もりで70度から50度ぐらいに下がったという結果になりました。
高いときは50度ぐらいになるけど、実際には45~50度あたりをうろつく形になってます。
(瞬間的に52~3度ぐらいになる時はある。60度にはなってないはず)
これはすごい効果だね!
この温度ならゲームも安心して出来るわ!
ちなみに、ゲームをやってないときは30度台になりました。



《まとめ》

今回は専用のヒートシンク&ファンを買うことで、CPUの温度を下げることに成功しました。
この問題を調べる過程でわかったのだが、リテールファンというものは、高負荷のことをそんなに想定してないそうだ。
なので、CPUが高負荷になるようなことをする場合は、CPUファンが必須だね。
またひとつ勉強になりました。
ちなみに、CPUの適正温度というのが40~70度だそうです。
ちょうど中間の50度ぐらいをうろつくというのはベストかもしれません。
いや~、無事解決出来てよかったー。



<おわり>



《おまけ》


<虎徹とのサイズ比べ>

今回買ったCPUファンは無事つけれた。
もし虎徹だったらどうだったろう?

今回のやつのサイズ↓
140H*128W*40+25L mm

虎徹↓
160(H)×130(W)×58+25(D)mm

完璧に無理ですね。
横は+2mmなので問題ないけど、高さは+20mmでグラボに接触してしまうと思います。
奥行きも+18mmなので、下手したら今のメモリ部分にぶつかる可能性もあります。
(3~4枚目のメモリはまず無理)
一回り小さいサイズを買っといて正解だった!


<音>

PCを新しくしたときに感動した静かな可動音。
今回、CPUファンを大型化させたので、その音が気になったが・・・
俺の体感だけど、若干音が大きくなったかな?
今までは『サー』という音だったのに対し『コー』という音が聞こえる感じになった。
音に関してはリテールファンのほうが静かだったかもしれません。
しかし、うるさいと感じるほどではないので、十分静かと言えると思います。


<サイドフロー>

今まではCPUに向かって風を送る形でした。
(PC本体左から右へ)
新しいファンは、サイドフローと呼ばれるやつで、PC本体の前から後ろへ風を送るようになってます。
ケースフロントから風→CPU後方へ→ケースリアから外へ、という風の送り方になるので、非常に効率的になってまます。
新しいPCの記事のほうで書いた『ケースのサイドにファンがない』というのは、このサイドフローが主流となっているからだったのかな?


<ファン増設>

うちのPCケースにはフロントに12cmファンが1こついてます。
このフロント部分にファンを増設すればより効率よく熱を逃がすことが出来るかもしれません。


<横向きにつける>

今回は、風をPC本体前から後ろへ送るように設置したけど、向きを90度変えて『風を下から上へ』という形にしてもよかったかな?
今使ってるケースは天井に穴があいてるので、そこから熱を逃がすことが出来るし、風を天井から出すことによりホコリや虫の進入も防げるかも?
チャンスがあったらやってみようかな?


<グラボの温度>

今度はグラボの温度・・・
と思ったけど、ゲームやってるときは60度ぐらいなので、若干高めではあるが、十分許容範囲内である。
なので今のところは対処する必要はないと考えてます。
さらに余談なのだが、このグラボ(GIGABYTE GV-N960WF2OC-4GD)は、セミファンレスという形になっていて、安定して可動しているときはファンが止まり騒音0になるという代物です。
最初このことを知らなかったので、グラボのファンが止まっていたときは俺の心臓も止まりそうでした。
いいグラボや!


<最強の冷却?>

いつものけんちゃんはこれ↓が最強って言ってた。
0_3

たしかに多少は落ちたけど根本的な解決にはなってないね。




《おまけおわり》

| | コメント (0)

2016/07/31

新PCだよー

こんちわ。

こちらのブログはすっかり放置状態となってしまいました。
ツイッターのほうは随時更新してるので、よかったらそっちをご覧ください。



さて、そんな放置してたブログをひさびさ更新することになったのは大きな理由があります。
その理由とは・・・?



*2016.08.04追記*

おまけの部分を追記しました。
また本編のほうもすこし訂正している部分もあります。

【PC】

PC関連をここで書くとなると、大抵ろくな出来事ではないのだが、
今回は違います。

なんと、PCを新調しました!

今まで使ってたPCでは、最新のゲームは起動することもままならないPCです。
なので新しくしたいなーと思ってはいたけど、そんなにやりたい(最新の)ゲームがなかったのでずっと保留状態だった。
しかし、そこへ超やりたいけどPCの性能が追いつかないゲームが出てきた。
それがストリートファイター5である。
前作ウルトラストリーファイター4に誘われて格ゲーの世界に足を踏み入れたわけだけど、当然続編の5もやりたくなったわけである。
そこでずっと新PCの構想を(お金を貯めながら)ずっと考えていたのだ。



《どんなPCにする?》

PCを買うといってもいろんな種類がある。
俺は当然ゲーム(SF5)が目的なので、まずSF5が動くPCというのが絶対条件である。
そんなSF5の推奨のグラボとCPUが、

推奨: Intel Core i5-4690K
   グラボ GTX 960

なので、この2つを中心にパーツを選択することにしました。


《早速新PCスペック》

予算が限られているので、出きるだけ値段優先で選びました。
(リンクは価格comへになります)

マザー:ASUS B85M-G
メモリ:Corsair CMX16GX3M2A1600C11 [DDR3 PC3-12800 8GB 2枚組]
グラボ:GIGABYTE GV-N960WF2OC-4GD [PCIExp 4GB]
CPU:Core i5 4690K BOX
HDD(SSD):crucial BX200 CT240BX200SSD1
電源:ANTEC NeoECO Classic NE550C
ドライブ:ASUS DRW-24D5MT [ブラック]
ケース:Versa H23 Window
OS:Windows 7 Home Premium 64bit


これで買った当時の値段で9万ほどです。
予算は8万だったので1万オーバーとなってしまいました。



《組み立て》

各々パーツを注文してすべて届くのをまちました。
佐川急便クロネコヤマトが同時に来てちょっとビックリした。)

パーツの組み立ては、過去に何回もやっているので手馴れたもんです。
(経験が生きた!)
それでもちょっと手間取ってしまった部分があるのでそこを簡単に紹介。

・ケースのフロントファンが外れていた。
ケースを持ち上げた時にカタっと音がしたのでなんだろうと思ったらフロントファンがついた部分が外れていました。
このケースは、フロント部分が固定されているので、あっちこっちから指を入れてなんとか固定させれました。

・マザーの後ろのパネルがなかなかつかない。
マザーの外部へ接続するための端子が出ている部分がうまく付かなかった。
原因は銀のカバー?のデッパリがひっかかっていた。
もしかしたらケースが原因ってこともあったのかな?

・CPUのグリス
グリスを塗ろうとしたらヒートシンクに『何か』がついていた。
調べてみたらデフォのグリスということだったのでそのままくっつけました。
きっとインテルCPUと相性のいいすごいグリスに違いない!

・メモリをどこに刺す?
メモリ2枚をどこにつければいいか最初わからなかった。
同じ色どうしでつければOKってことだったので『DIMM_A2、B2』へつけることにした。
A1B1だと、CPUのすぐ横なのですこし離してみた。

・メモリのカバー(ストッパー)は上のみ。
メモリをつけるところには、メモリが抜けないようにストッパーのようなものがついています。
今までのマザーは上下2箇所だったが、このマザーは上の部分1箇所。
下部分がなくてどうやってつけるかちょっとあせった。

・マザーに付ける田の字型コンセントがない
マザーについてる田の字型の電源が見当たらない。
どうしよう、電源が足りない!
これはダメな電源か、古すぎるマザーを買ってしまったかと焦ってしまったが・・・
『CPU4+4Pin補助電源コネクター』と呼ばれる電源が2*4の計8マスのコネクタなのだが、実は分離できることがわかった。
(詳しくはhttp://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n5051へ)
これが出来たときに「ゾディアックみたいな電源だ!」って思っちゃったわ。

・ファンコネクトがCPUファン含めて2つ
今回のファンは、CPUとケースに2つなので全部合わせて3つなのだが、このマザーは2つしかなかった。
これは盲点だった。
最近のマザーならいっぱいついてるだろうと思い込んでて完全に調べるのを忘れていた。
しかたないので、電源ユニットからファンの電源を供給するやつを買ってきました。
無駄に4つ又になってます。


苦労したのはこれぐらいで、あとは比較的問題なく組み立てることが出来ました。


《稼動》

自作PCで怖いのが『相性』と呼ばれるもの。
パーツ同士の相性で起動しないこともある。
組み立てたPCに電源を入れるときは、ものすごい緊張します。
恐る恐る電源を入れてみると・・・
何事もなく起動しました!
幸いにも相性問題は発生しませんでした。
助かった!

それからOS等をインストールして、買っておいたSF5も入れます。
これで準備万端!
SF5を起動すると・・・・

『うごいた!』

いや、推奨パーツで組んで動かないというほうがレアか・・・
とにかく、何事もなく無事起動して遊ぶことが出来ました!



《感想》

無事に一番の目的であるSF5をプレイすることが出来ました。
(アケコンが動かない問題があったが、ここでは割愛)
さらにPSO2のほうでも、最高設定の『設定6』で遊ぶことが出来ました。
多少のトラブルはあったものの、目的が達成できたので非常に満足してます。

今までのPCは、友人からのオススメパーツをそのまま使っていたので、ほぼ完全に自分で選んだパーツで組んだのは初めてです。
そういう意味では『初めて自分で買ったPC』とも言えると思います。
そんな初めてのPC、大事にしていきたいと思います。

また今回もいろんな人に相談したり、アドバイスもらったりしました。
この場を借りてお礼を言いたいと思います。

手助け頂きありがとうございました。




<完>



【おまけ】

ちょっと書ききれない部分があったので、またあとで追記する予定です。
(追記分出来ました)



《追記分》

・マザーボードの拡張性
今回買ったマザーボードにPCIの拡張スロットがグラボの部分を抜いて2つしか付いてなかった。
しかも、グラボをつけることでそのうちの1つが完全に使えなくなる。
残り1個もグラボと超密着となるので、実質全部使えなくなっている。
この拡張性の悪さは想定外だった。
その分、マザー本体は小さくなっているけど、その小ささを生かせない状態なのでちょっとここらが選択ミスだったかな。
FANのコネクタの件もそうだが、もうすこしお金だして拡張性の高いマザーにすれば満足できたと思う。
次回に生かしましょう。
ちなみにBIOSは日本語で非常に使いやすかった。
ここらはさすがのASUSだね。


・メモリの規格
今あるメモリの最新の規格はDDR4と呼ばれるものです。
ちなみに俺が買ったのはDDR3。
当然ながら同じ容量でもDDR4のほうが高性能となります。
調べてみたら値段もそんなに変わらないっぽいので、DDR4にしようかと思ったのだが・・・
軽く見積もってみたら、余裕で予算を超えることが判明した。
DDR4のメモリ本体はそんなに差はないのだが、DDR4対応マザー、それに対応するCPUとなるとどうしてもお金がかかってしまうのだ。
なので今回はDDR3メモリの選択となった。
またそれ以上に「お金をかけるならメモリよりグラボでは?」と言われたのが大きかった。
俺がやりたいのはゲーム。
そのゲームで大事なパーツとなるのがグラボ。
ごもっともな意見だった!
(なお、結局予算が足りずグレードアップどころの話しではなかった)


・SSD小さい!
あんまりよく調べないで、容量とメーカーで選んでしまったSSD。
最初見たときその薄さと小ささにビックリした。
そしてケースにあてがうと・・・
3.5インチベイに収まらない!
SSDが小さすぎたのだ!
これはまいったなー・・・と思ったら、3.5インチベイの上に一回り小さいベイがあり、そちらにスッポリ入りました。
買ったSSDが入る2.5インチベイがついてたのはタマタマであり、下手したらついてないのを買ってしまい、大変なことになっていた可能性もあった。
よかった!


・ケースファン
今回買ったケースは、フロントとリアに1こずつのファンがついている。
今まで使ってたのは横にもついていて計3つでやっていた。
しかし、実際にお店を見て横にファンがついてるのは少なかった。
変わりに天上部分についてるのはあったが・・・
(俺が買ったやつは天上にファンはつけれません。無理やりなら出来なくもないが)
今は横ファンってのは少なくなったんかねー?


・ケースの窓
何気にケースの中が見えるスケルトンな窓がついてるのに憧れみたいなのがありました。
なのでデザイン面では満足してます。
しかし、実際に使ってみると・・・
ケーブル類がごちゃごちゃしてて汚い感じが・・・
ケースの裏に配線を通すのは一部分しか無理だったので、覗いてかっこいいマザーやグラボ(?)が見れなくて残念・・・
てか、俺のPC(過去2つのPC)は、いつも配線がゴチャゴチャだ!
でも窓があるので中に異常があればすぐに確認できるのはいいね。
天上も蜂の巣状の穴があいてるのでそこからもある程度確認できる。
そのうちLED付きのファンでも買って、常時ケース内を照らすようにしようかな~。


・電源プラグイン式
電源のプラグイン式というのがある。
これは必要ないケーブルを外すことが出来るので、俺みたいに配線がゴチャゴチャしなくなるというやつである。
これいいなーって思ったけど、予算の都合により従来の全部乗せタイプとなりました。
ちなみに(新PCで)使ってないケーブルがいくつかあるので、プラグイン式にすればケース内は多少まともになるかな?

・ケースのメンテナンス性
↑のほうでも書いたが、ケースのフロント部分は完全に固定されていて、外すのは壊す以外無理じゃないかな?
もしフロントファンが壊れたらどうすりゃいいんだろ・・・
そういったメンテナンス性の悪さがちょっと目立ったかなと思った。
これもマザーと一緒でもうすこしお金だしてメンテナンスしやすいのを選んでもよかったかな~。


・インターネットが出来てるようで出来てなかった事件
OSのインストールが済み、AVソフトを入れようとしたところ、うまく出来なかった。
どうもネットにアクセス出来てないようだった。
でもブラウザを立ち上げるとホーム画面は写る。
これを見て、俺はソフト側に問題があると判断した。
そこで別のAVソフトをいれて対処しようとしたが、それもうまくいかない。
いったい何がダメなのか・・・
原因をググってみようと思ったら検索結果画面が表示されなかった。
アレ?っと思っていたら、その画面に重要な情報が出ていた。
正確には覚えてないのだが『認証が2009年にならないとダメデース』的な事が書いてあった。
2009年はとっくに過ぎてるでー!
これを見て、PCの時計がずれている事が発覚。
もしかしてと思って、現在時刻を入れて再び試してみると・・・
今度は完璧にネットへつながりました。
どうやら時間をちゃんと設定しないとネットが部分的にしか使えないみたいね。
最初、ほんとに焦ったわ。


・めっちゃ静か!
初めて電源を入れたときにあまりにも音がしないのでいろいろビックリした。
今までのPCは電源を入れたらブオーン!というファンやHDDが動き出す音がしたのだが、新PCだとサーっという音がかろうじて聞こえる程度だった。
最初ファンが動いてないのかと焦ったがちゃんと動いてました。
そう、ファンがしっかり動いていてこの音だったのだ!
あまりにも静かすぎて扇風機の音のほうが大きいぐらいだった!
これはやっぱりSSDの効果が大きいんかねー。
てか今までのPCがうるさすぎたという可能性も・・・


・HDDからSSDへ
前からの憧れであったSSD。
どんぐらい早くなるのかと楽しみにしていたら・・・
とんでもなく早くなっていた!
明確に時間を計測したわけではないけど、起動時間が半分になったんじゃないかな。
これは素晴らしい!
ついでにPSO2でもあきらかに読み込み速度がアップ!
TAで有利になった!


・CPUがAMDからインテルへ
今まで使ってたPCのCPUは、ずっとAMD製のCPUを使ってきた。
しかし、今回はインテル製のCPUを選択した。
すこし前にPCについて相談したときに『次はインテルでいいんじゃないか?』みたいな話しをしていたのを思い出した。
ただし理由は覚えてない・・・
でも、CPUがインテル、グラボはGeForceってやったほうが、ゲームの動作環境を見て、どれぐらい動きそうか目処を立てやすいのよね。
正直使い比べての違いは感じないけど、ちゃんと動いているのなら問題なし!


・前のPCの行方
最初の計画では、アニメ等の動画を詰め込んだHDD(1TB)を新PCに移してすべての作業が新PCで出来るようにする予定だったが・・・
↑の静音性を大事にしたいなと思い始めてしまった。
せっかくの静かな環境になったのに、HDDで音を出したくないなと。
ということで、ゲームやるときは新PC、ほかの作業をやる時は旧PCって感じで使っていこうかな。
ちょっと切り替えがめんどくさいけど起動はめちゃ早いからいいかな!




これにて今回の新PCの話はおしまいになります。
次回、ここを更新するときは、PCのトラブルになるかな?
出来ればそんな事は起きないことを祈るばかりです。
さて、ナッシュ練習しよっと。

| | コメント (0)

2013/08/24

PCトラブル その3

こんちわ。

部屋の気温と俺の体感温度に差を感じるGP03です。
(あっち~・・・あれ?気温は28度?)


俺の体感では、思ったより部屋が涼しかったというパターンだが、反対のパターンだと怖い。
ちゃんと温度計で調べないと、実は部屋の気温がめっちゃ上がっててPCにダメージが・・・
って、さすがにそれはないか。


ということで、そんな温度計とはあんまり関係がないPCのお話です。
最近PCトラブル多いな・・・



【PC】

今回のトラブルはこれだ!
(バ~ン!)


《ネットに繋がらない!》

ある日、いつものようにPCを起動してブラウザを開くが回線が繋がってないようで、なにも表示されなかった。
やれやれ、ひさびさに見たトラブルだなーと余裕をこいていたら・・・
ぜんぜん直らない!
とりあえず、やれる事はやった。

・PC再起動
・電源のユニットのスイッチオフ
・ケーブルの抜き差し、違うケーブルで試す
・ルーター、モデムの再起動
・プロバイダーのトラブル有無の確認
・LANアダプタのドライバ入れなおし

思いついた対策は全部やったつもりだ。
けど、これだけやっても直らない。
どうしよう、マザーのLANポートが壊れてしまったのだろうか?
このあたりから、いつもの『けんちゃん』に相談しようかと思ったが・・・
こ、こんな初歩的なトラブルで相談なんてできないわ!
なんとかして、自力で解決せねば!


《以前にもあったトラブル》

しばらくして、ある事を思いだした。
実は、以前にもネットに繋がらなくなって、このブログに書いたことがあった気がした。
で、自分のブログを調べてみると・・・
ありました。

2010/01/22PCトラブル その1

なんかつい最近書いたブログと同じタイトルですが、中身は約3年前のPCトラブルについて書いてあります。
内容を見てみると、今回の俺とまったく同じ症状で、結局どうやって直ったかがよくわかってないっぽい。
一応、電源オフで直ったっぽいが・・・
せっかく過去の記事が役に立つと思ったのに、ぜんぜん役に立たなかったわ。


《解決編》

回線が繋がっていたときと今は何が違うのだろうか?
1個ずつ思い出していったら、ある事が気になった。
それがスパイウェア対策ソフトの『SpyBot』だ。
最近はスパイウェアが入り込まなくなってたので、ずーっとスキャンしていなかったのだが、ふとした思い付きでひさびさスキャンしてみた。
すると沢山ヒットしたらしく、いろいろとスパイウェアと思しき物がいっぱい表示された。
オオウ、いつの間にかこんなに・・・
ってことで、これらを削除。
その後、ブラウザを開かずPCの電源を切って、今にいたるのだ。

原因はこれかもしれない。
ってことで、このソフトについてる『リカバリ』機能を使って、削除したやつを元に戻します。
これで直ってくれないと打つ手が・・・

結果は、ダメでした。

あらー?
これじゃないのか?
これでダメなら、もうLANポートが壊れた、またはなんらかのソフトウェアのトラブルってことなのかな。
少し前のサウンドカードのブルスク問題を無事に乗り切ったのに、こんなことでクリーンインストールを・・・
諦めかけたそのとき、まだ試してないパターンを見つけた。

それが、SpyBptで元に戻したあとに再起動してみる事だ。
もしかしたらこれでうまくいくかも。
ドキドキしながら、再起動したあとにブラウザを開いてみると・・・
無事繋がりました!
よかった!
直ったよ!


《まとめ》

今回はスパイウェア対策ソフトが、余計な物まで削除してしまい、不具合(回線がつながらない)が発生してしまったようだ。
幸いにも(SpyBotに)リカバリ機能がついてて、表示も日本語でわかりやすかったので、簡単に元に戻すことができた。
まあスパイウェアはそのままになってしまったが・・・
とりあえず直ったのでよしとしよう。

軽く調べてみたら、こういったウィルスやスパイウェア対策のソフトで、間違って削除してしまうことは結構あるようだ。
物によっては元に戻せなくなったりするので、気をつけないといけないが・・・
どれがどのソフトなのかとかわからんないからなー。
こればっかりは、ソフト側を信頼してやるしかないかな?



<おわり>

| | コメント (0)

2013/08/08

PCトラブル その2

こんちわ。

今では水冷式の冷却装置があんまり使われてないと聞いて、ちょっとビックリしたGP03です。
(ほほー?)


よく冷えるけど、水漏れのリスクが怖いという話を聞いていたけど、コスト面でのデメリットも大きかったようで、あんまり流行らなかったのかな?
なんかかっこよさそうだから、使ってみたいなーとは思ってたけど・・・


ってことで、今回は前回のつづきとなるPCトラブル その2です。
グラボのファンを交換したのはいいけど、思わぬトラブルが待っていたのだった!



【PC】

(前回までのあらすじ)
グラボのファンが壊れてしまったが、無事に取替えに成功!
しかし、これだけでPCが元に戻ったわけではなかったのだった!


《伏兵》

話をグラボのファンを取り替えた所まで戻ります。
そのグラボをマザボに、つけます。
無事に動いてくれよ~と祈りながらの作業です。
その際、邪魔になってたサウンドカード(Sound Blaster Audigy 2 Digital Audio)も、一緒に元に戻しました。
ファンが壊れてからは、グラボを扇風機等で冷やすために外していたのだ。
これで何事もなく起動してくれれば、すべてが元通りに・・・

恐る恐るPCの電源をいれると、グラボのファンは無事に回りました。
よかった、これで万事うまくいった!
と、安心していたら・・・

なんと、OS(XP)起動時にブルスクが発生した。
おおう、どういうこっちゃ?
強制終了して再び起動するも同じところでブルスクが発生。
しかも2回目は、青い画面じゃなくて、黄土色だったし!
これはいったい何が起きてるんだ!


《曲者のサウンドカード》

ブルスクの原因はなんだろうか考えてみた。
グラボのファンを外していた時は問題なかったのに、新しいファンをつけたらダメになった。
ということは、このファンが原因なのか?
それとも今まで外していたサウンドカードが原因なのか?
この2択だったら、俺は迷わずサウンドカードが原因と判断した。

実はこのサウンドカードは最初のころからブルスクになることが多かった。
俺のPCと相性が悪いのか、このサウンドカードが元々こういう性質なのかはわからんが・・・
1度安定してしまえば、なんら問題はないんだけどね。
逆に一度問題を起こしてしまうと、なかなか直らない困った子だったのだ。
なので、真っ先にこのサウンドカードが原因だろうと考えた。
まあ、グラボのファンを取り替えたらダメになった、というほうが無理があるか・・・
これなら俺じゃなくても、みんなサウンドカードが怪しいってなるよね・・・

で、サウンドカードを外して起動してみると、無事に動きました。
やっぱりお前か!


《対処編》

さて、原因がわかったところで、次はその解決法を探っていきます。
サウンドカードをつけてると起動できずブルスクになる。
ならばサウンドカードのドライバあたりが怪しいかなと思い、そのドライバを探しますが・・・
どうも見当たりません。
ドライバの削除は、『コントロールパネル → システム → ハードウェア → デバイスマネージャー』からいつもいじったりしてるんだけど、そこのサウンドカードのドライバがない・・・
うーむ、これは困った。
削除ができないのなら、上書きしてみるか・・・
ってことで、ドライバの再インストール(?)をしてみる事に。
ちなみに、このサウンドカードは結構古い商品だったようで、すでにメーカーのサポートが終了していて、ドライバの配布をしてませんでした。
オオウ、保存しといてよかった・・・

インストール中・・・

この上書きでうまくいってくれるといいけど・・・
電源を落として、サウンドカードを戻します。
これで何回目だという『祈りながらの電源ON』をします。
例のブスルク地帯にくると・・・

またまたブルスクが!!

これで直らないか~~!


《解決編》

サウンドカードをつけてるとダメ。
ドライバを上書きしても変わらず。
ドライバを削除しようにも、削除できない(表示されない)

万策つきたか・・・
これはもうOSを入れなおす、いわゆる『クリーンインストール』しかないのか・・・
うう、めんどくさいからやりたくないなー。
そんなときに、一つの案が頭の中にピコーンとひらめいた。
それは『セーフモード』でやってみようという事だった。
ブルスクで画面が固まったあとに、『セーフモードで起動しますか?』みたいな表示がされてたのを思い出したのだ。
セーフモードとは、PCに異常があった場合、必要最低限の機能で動かすというものだ。
これならば、サウンドカードをつけた状態でも起動できるかもと考えたのだ。
ドライバを削除できないにしても、セーフモードで起動出来たのなら、ドライバに問題があるのがはっきりするので、やってみる事にした。
PCを再起動させて、セーフモードを選択すると・・・

無事に起動した!

おお、できた!
まずは第1段階成功といったところか。
早速デバイスマネージャーからサウンドカードのドライバがあるかどうか確認してみたら・・・
ありました!
サウンドカードを外していると表示されなかったドライバがそこに!
これで無事削除できました。

セーフモードを終了させ、通常起動させます。
もうこれでうまくいってくれ!
てか、これでダメだったらもうどうしようもないわ!
期待と恐れを抱きつつ、モニターを見つめていきます。
ブルスクが発生していたポイントになり・・・・
それを突破して、いつものデスクトップ画面が表示されました!!
おし、うまくいったわ!

もちろん、ドライバがないので、ドライバをいれてねって出るので、ドライバを入れなおします。
これですべて元に戻ったわー!!


《まとめ》

一時はどうなるかと思ったけど、無事に直ってよかったわ。
このサウンドカード(Sound Blaster Audigy 2 Digital Audio (SBAGY2DA))には、昔からトラブル続きで困ったちゃんだわ。
これを買ったときの過去の記事にも、ブルスクになった事が書いてあり、そのやんちゃぶりがよくわかる。
(そちらを見たい人はこちらからどうぞ)


今回のトラブルは、ハードウェアを付ける前にドライバを入れたことによるトラブルだったようです。
説明書にも、先にハードの方を付けてくれと書いてあった。
機器によっては、ドライバが先という場合もあるので、説明書をしっかり読んで確認しないとね。
そいえば、サウンドカードをつけてないとドライバが表示されずに削除できなかったけど、もしかしたら『ドライバを削除するソフト』みたいのがあったのかな。
それを使えばすぐに直ったのかも?

今回の騒動で、初めてセーフモードをまともに使った気がするわ。
今までは、スパイウェアとかを確実に削除するために起動した程度だったし。
便利な機能があって助かったわ。

さて、これにてグラボのファンが壊れた事も含めて、すべてが元通りになりました。
とくにグラボの事では大変お世話になったKeNJIことけんちゃんには、いつもながら助けてもらって感謝します。
今回のトラブルは絶対に俺一人じゃ解決できなかった事案だと思う。
また困ったことがあったら助けてもらおう。

といったところで、お開き。
また次回のトラブルで会いましょう~。



《おまけ》

サウンドカードの型番?っぽいのでググると、俺が昔アップした写真が2番目に出てくるわ・・・
(SBAGY2DA)
ほかの画像と違ってあきらかに浮いてるわ!
はずかし!
ってか、2ページ目とか行くと、まったく関係がない俺のブログであげた写真や画像があるやん!
み、みんな見ないでくれー!



<おわり>

| | コメント (0)

2013/07/31

PCトラブル!

こんちわ。

おれのPCがぶっこわれたー!
(ドッカーン)


いや爆発はしてないけどね。
ってことで、今回はひさびさのPCトラブルです。
上で書いたとおり、ほんとにPCが壊れてしまいました。
いったいどこがどう壊れてしまったのだろうか?
まずは、その壊れたところから話を始めたいと思います。



【PC】


《PCトラブルは突然に》

2013年初夏。
梅雨入りと梅雨明けがどこなのかイマイチわからなかった今年の夏。
突然の猛暑が何日も続き、全国各地を強い日差しが襲ったりで日本中が大騒ぎしていたころ・・・
我が家は、意外と涼しく快適に過ごせてました。
窓を開けとけばいい風が入り、部屋の気温も30度を下回るほどだった。
そんな程よい夏の暑さのなか、俺はその日もPSO2で遊んでいた。
ちょうどEP2と題して大型アップデートが行われた直後ということもあり、いろいろやる事が増えていたのだ。
そんないつものオンゲーで遊んでいた最中、突然いつもと違う出来事が起きた。

なんの前触れもなく、モニターがまっくらになったのです。

オオウ、いったい何が起こったんや!
とりあえず、マウスやキボドを動かしても反応がないので、ケース(マザー?)についてるリセットボタンで再起動。
これで無事モニターにデスクトップ画面が表示され、トラブルが直ったように見えたのだが・・・
しばらくしていると、またモニターがまっくらに。
同じ症状が2回!
これはただ事ではないぞ!


《原因特定》

いきなり再起動やブルスクなら経験あるが、モニターがまっくらになり反応がなくなるというのは初めてだ!
あわててケースのフタをあけて異常がないかを確認。
モニターのトラブルという事で、最初にグラボが気になった。
そのグラボの基板に、軽く指で触れてみると・・・

おれ「あちいぃーー!!」

1秒も触ってられないほどの超高温状態に!
こ、これはグラボに異常があるのはあきらか!
なぜこんな高温になってるんだ!?
ファンは回っているのか!?

おれ「回ってないし!」

グラボを下から覗き込むように顔を思いっきり下げて確認してみたら・・・
なんとまー、グラボについてるファンが回ってませんでした。
これは高温になるわけだ。

とにかく、このまま電源をいれとくのはまずい。
電源長押しによる強制終了して、パーツを外すことに。
あわててグラボを外そうと手を伸ばすと・・・

おれ「あちいぃーー!!」

まだ熱いし!


《グラボのお掃除》

しばらくして、やっと触れる温度になったところでグラボを外します。
手で軽く(グラボの)ファンをはじく様にして回してみると、クルクル回った。
どうやらファンそのもはちゃんと回るようだ。
これを見て、ホコリがつまってファンが止まったと判断。
グラボのお掃除をすることにしました。

まずはエアダスターを使ってお掃除。
PCのお掃除は、月1ぐらいでやっていたのだが、パーツを外してのお掃除はしていなかった。
グラボのヒートシンクを上に向けてダスターを吹きかけると、ホコリがぶわーっと舞った。
オオウ、そうとう汚れが詰まってたようで・・・
ケース内では、ヒートシンクが下を向いているのだが、やっぱりファンがホコリを吸ってしまうんだね~
それはさておき・・・。
お掃除も完了し、念のためケース内のお掃除もして、グラボを元に戻します。
電源をいれてみると・・・・

回りませんでした!

オオウ、完全にファンが壊れてしまったようだ!



《故障の内容》

グラボのファンが壊れた。
(ECS NR9800GTE-512MX-F)
これが今回のPCトラブルの原因です。
俺は知らなかったのだが、グラボのファンが壊れるというのはよくある事のようで、ネット上にはいろんな話があったりする。
ケースのファンやCPUのファンならば簡単に取替えもできるのだが、グラボのファンとなるとそう簡単にはいかない。
さすがにこの事態は俺一人ではどうしようもない。
ということで、ひさびさにあの人に連絡を取ってみる事にした。


《対処編》

PCの事ならこの人におまかせ!
数々のトラブルを解決してきたけんちゃんこと『KeNJI』に連絡をとることにした。
で、症状を伝えたところ、グラボのファンを取り替える事を勧めてきた。
俺には見つける事が出来なかったのだが、どうやら俺が使ってるグラボのファン単体で取り扱ってるお店があったようだ。

http://www.coneco.net/PriceList.asp?COM_ID=1091120203
http://www.zaward.co.jp/vga-accelerol2pro.html


で、これとは別に、開発元メーカーのHPで交換用のファンが売っているという事だった。

http://www.arctic.ac/en/p/spare-parts/98/spare-fan-accelero-l2-pro.html

オウ、US$2.99!
1ドル100円計算でも300円!
やす!
海外からの発送になるので、送料が気になるところだったが、その送料も$4.96(約500円)だった。
つまり、送料込みで1000円もかからない事に!
ってことで、こちらで注文することにしました。
初めての海外からの買い物だ。
ドキドキ。


《グラボのファンを外す》

ファンの注文をし、到着するまでにやれることをやっておきます。
ってことで、壊れたファンを外します。
グラボのファンを取り替えると聞いたときに、一番心配していた部分です。
当然のことながらグラボのファンを外した事なんてありませんし、説明書なんかもありません。
一応けんちゃんから、グラボのファンを取り替えた人のサイト(レビュー?)を教えてくれたが、具体的なはずし方は書いてなかった。

http://club.coneco.net/user/8783/review/46565/
http://club.coneco.net/user/20723/review/83124/

詳しいやり方が書いてない以上、グラボをよく見て外すしかない。
ってことで、どうやってファンがくっついているかを観察してみると・・・
うちのグラボ(ECS NR9800GTE-512MX-F)は、ヒートシンクにファン本体についてる4つのツメで噛ませてるだけだった。
ネジ等は見当たらない。
そのツメもガッチリついてるわけでもなく、さしたる力を入れることなく簡単に外れた。
意外と簡単なつくりになっていたのね。
拍子抜けするぐらい簡単だったわ!


《ファン到着!》

注文してから6日で届きました。
思ったより早く来たわ!
20130725
おれ「あれ?形がすこし違うぞ?」
最初に見たときの俺の第一印象が↑だった。

上にあるのが、元々ついてたファン。
下が、今回買った新しいファン。
プロペラそのものは同じだが、ファン本体・・というかフレームというのか、それが微妙に形状が違う。
もしかして違う商品を買ってしまったのだろうか?

続いてこちらの画像。
20130731_01
元々のやつが4箇所のツメ(赤○)で固定していたのに対し、新しいほうは左右中央の2箇所(青○)になっている。
こ、これ、ちゃんと付けれるのかな・・・


《新しいファンの取り付け》

いよいよ新しいファンをつけます。
元々のファンが付いていたヒートシンク部分を調べると、新しいやつでも付けれそうな感じになってました。
20130731_02
言葉じゃ説明しずらいけど、とにかく新しいファンをカチっと付ける事ができました。
よかった、ちゃんと付けれたわ!
もちろん、コネクタもちゃんとつけます。
これでファンの取替えは完了!
思ったより簡単だったわ!
あとはちゃんと動いてくれるかどうかだ・・・


《起動確認》

ファンを交換したグラボを取り付け、恐る恐る電源を入れてみると・・・

動いた~!!

よかった、これで元通りだ!


《まとめ》

今回は珍しく(?)ハードウェアが壊れるというトラブルだった。
近所にPC専門店はあるけど、そんなに種類が豊富なわけじゃないから、ネットから手に入れるしかありません。
ハードの故障となると、どうしても直すのに時間がかかってしまうわ。

壊れた原因としては・・・
まあ、寿命だった、としか言えないかなー。
ケース内のお掃除はちょこちょこしてたけど、グラボを外してのお掃除はしてなかったので、ホコリが溜まって壊れた可能性もあるかもだが・・・

なにはともあれ無事に直せてよかったわ!


《おまけ1》

これを機会にデスクトップに、グラボの温度を表示できるソフトを入れました。

http://michisugara.jp/archives/2012/open_hardware_monitor.html

これでまた異常があったらすぐに確認できるぞい。


《おまけ2》

実は、PCIスロット用のファンってのを買ってきていた。
小さめのファンが2つ並んだやつで、PCIスロットにつけて使います。
これで済ませられるなら、すぐにでも元通りって考えたのだが・・・
2日で壊れました。
壊れなかったとしても、サウンドカードと(物理的に)干渉してしまって同時に装着はできないので、解決には至らない。

このダメファンが壊れてからは、ケースについてたファンを1こ外して無理やり使いました。
20130731_03_2
これだけでは不安だったので、さらに扇風機も使って温度を下げる作戦に。
ただ、これだけやってもグラボの温度を外付けファンよりも下げる事ができず、かなり高くなってしまった。
そのためグラボに負担がかかるゲームはできず、必要最低限の作業しか出来なかった。


【次回予告?】

これだけ読むとあっさり直ったように見えるが、実はグラボのファンを取り替えたあとに、とんでもないトラブルが待っていた!
キーワードは『Sound Blaster Audigy 2 Digital Audio』
ずっと愛用してたサウンドカードだが、こいつのせいでえらいことが!?

この事は、今回のトラブルとはまたちょっと違うと思ったので、独立させて記事にしたいと思います。




<つづく!>

| | コメント (1)

2013/02/07

ひさびさの更新はPCトラブル

こんちわ。

ボタンを押さないと開かない『半自動ドア』に、よく激突するGP03です。
(ドゴン!)


自動ドアは勝手に開く、という思い込みがいけないのかね・・・


ということで、ひさびさの更新は、これまたひさびさのPCトラブルのお話です。
このあと、衝撃のトラブルが!?
(えー!)



【PC】


《PIO病》

PIO病とは、人間の病気ではなくPCのあるトラブルの俗称です。
そのトラブルは、HDDの読み込みが遅くなる症状の事。
実は、少し前からうちのPCが調子悪いなーと感じてて、いろいろ原因をあさっていたらHDDに行き着きました。
まずはそのトラブル発覚時から書いていきます。

ある時、いつものようにPSO2をやっていたら、ローディング時間に違和感を覚えた。
性能がやや悪いうちのPCでは、読み込みが遅い事を自覚していたが、それにしても読み込みが遅いのである。
あるときなどは、やっと俺が動けるようになったと思ったら、PTメンバーが最初の敵の群れを倒し終わっていたり・・・
またあるときは、混雑するロビーで(ロードが遅くて)まったく動けなくなったり・・・
上記のトラブル(?)が発生したときに、CPU使用率や回線などには異常が見られなかった。
唯一、違和感を覚えたのが、HDDのアクセスランプだった。
いつもなら読み込み中に、チカチカ点滅するランプが(読み込み時に)常時点灯していたのである。
そこで、ようやくHDDがおかしいと気がつきました。

さて、HDDが原因とわかったものの、どうしたらいいかわからなかった。
デフラグをかけたり、BIOSを覗いてみたりと、俺ができる範囲で調べていったがまったく解決にいたらず。
これはもう久々に『(うれしそうに)どうした!トラブルか!』(バーン!)を聞くことになるかと思ったが・・・
けど、その前にグーグル先生に聞いてみることにした。
以前にも、相談前にぐぐれば簡単に直せたという事があったしね。

そしてたどり着いたのがこちらのサイト。
たどり着いたというより『HDD 読み込み 遅い』の3つのワードで検索して、1番目に出てきたやつではあるが・・・
こちらのサイトさんに、今回の主役(?)であるPIO病の事が書いてあったのだ。

↑のサイトによると、PIO病とは、Windowsが調子悪いと判断したデバイスを省エネで動かすようにして、パーツへの負担を減らすものらしい。
ありがたい事なのか、迷惑な事なのか・・・
とりあえず、俺もこのPIO病かもしれないと思って調べてみたら・・・

まあ見事にPIOモードってやつになってました。

対処法もサイトに書いてあったので、その通りやってみた。
(IDEドライバ削除して再起動)
そしたら見事に直りました!!
よかった!
なんとか自己解決(?)できたぞい!


《まとめ》

今回のトラブルはHDDが原因とわかるまで、だいぶ時間がかかってしまった。
普段から『うちは他の人よりも(PSO2の)読み込みが遅い』という先入観があったので、HDDの読み込みが遅くなっているというのに気がつかなかった。
まさかさらに遅くなっていたとは・・・
けど、なんとか無事に直ってよかったわ。

そもそも『PIO病になる=HDDの不調』といってもいいんだろうか?
今回はこれで直ったが、今後またなるようであればHDDの寿命が近いという事でしょう。
今はもうちょっと様子みようとは思うが、新しいHDDに取り替える準備をしといたほうがいいかな。




【おまけ】

このブログをだいぶ放置してしまった・・・
お正月の更新を除けば、最後に書いたのが9月のPSUの事を書いたやつだし・・・
ほんとはもっと書きたい事がたくさんあるんだけど、ありすぎて書ききれないのよね。
最近は空き時間を全部ゲームにまわしちゃってるし。
(今回の記事はPSO2のメンテ中に書きました)

そんなわけで、更新回数がガクっと下がった当ブログではあるが、今後もみんなの暇つぶしになれるように気まぐれに更新していく予定です。




【今日の画像】

1.ズゴック豆腐とザク豆腐D
20130207

2.その2
20130207_1

3.その3
20130207_2

4.その4
20130207_3

5.その5
20130207_4
その後、スタッフがおいしくいただきました。


6.地元のプリキュアショー
20130207_5

一人いませんが、それはサニー回の話だったので、ほかの4人が相談中というシーンです。
決して仲間ハズレにされてるわけじゃないよ!


7.クレヨンしんちゃんのシロ
20130207_6
ゲーセンでとってきた。
スイッチを押すと首を左右に振るのだが、機械音がしてちょっと怖いです。


8.うちのぬいぐるみ箱
20130207_7
全部わかるかな?


9.よつばと!のガチャガチャ
20130207_8
よつばとのガチャを買ったはずが、牛のガチャを手に(ry


10.3DSLL買いました
20130207_9
画面でけー!
ソフトはドラクエ7を買います。


11.見つめ合う2人。
20130207_10
と、邪魔なロボ。


12.お正月のラッピー祭り。
20130207_11
こんなかわいい神社あったら、毎日いっちゃう!


13.ダーカーも買いに来るナウラ3姉妹のお店。
20130207_12
順番は守ってくださいー。


14.ラッピー親子?
20130207_13
キャラクターのサイズに比例して、着ぐるみ(?)の大きさもかわるようで。
俺が着るとでっかいラッピーになります。


15.ボスドロップが!
20130207_14
ヒューナル倒したら、ドロップのメセタがハートの形に!
でも大ハズレ。


16.ラッピーの楽園。
20130207_15
パラレルエリアのラッピー祭り。
でも大ハズレ パート2。


17.えらいところで寝てるラッピー。
20130207_16
そのマクラ、バクダンだよ!


18.迫り来る966メンバー!
20130207_17
でも全力で倒す!
このクローンシステムは面白いのがいいのだが、拉致られ難いというのが欠点だ。


19.けんちゃん
20130207_18
今日もけんちゃんは元気だ!!




<おわり>

| | コメント (1)

2011/06/22

モニター買ったぞい(長文)

こんちわ。

弟の髪の毛が5本だけになる夢を見たGP03です。
(いったい何があったんだ!)

思わず現実の弟の髪の毛を確認してしまった。
もちろん、ちゃんとフサフサでした。


ということで今日はそんな弟の頭の将来とはまったく関係がないお買い物のお話です。
いろいろ大量に買い込んでしまったのでそのレポートとなります。
ひさびさにあっちこっちからお買い物してしまったわ!




【お買い物】

今回買った物は大きくわけて2つあります。
まずは注文してからうちにやってくるまで約3週間もかかったこちらの商品から。


【LED液晶モニター】

みんなは、ゲームをやる時はフルスクリーン派ですか?
それともウィンドウ派ですか?
俺はフルスクリーンでゲームをやるタイプです。
ただし今はワイドモニターなので、ワイド画面対応のゲームのみフルスクリーンでやってます。
そうしないと横に伸びちゃうからね。
で、フルスクリーンでやってるとネットのブラウザや動画などは見れません。
そういう時はウィンドウで表示させれば両立することはできますが、どうしても各々の画面が小さくなってしまいます。
動画を見ながらゲームをやりたいけど、ゲームはフルスクリーンで遊びたい・・・

このわがままを解決する方法とは!

モニターを2つ用意してデュアルモニターにすればOK!
片方のモニターでゲームをフルスクリーンで。
もう片方に動画やブラウザを表示させれば、上記のような事ができるようになります。

ってことで2台目のモニターを買うことにしました。
購入の条件は、予算2万でHDMI端子がついてること。
サイズは今までのモニターの大きさ以上のもの。
ただしデュアルで使う事前提なため同じ大きさも選択肢に入る。
この条件でいろいろ調べたり相談した結果、選ばれたのはこちら!


BenQ GL2430HM

アマゾンでは19800円になってるが、俺が注文したとき(別のところ)は16800円でした。

ちなみに最後まで迷ったのがこちら↓。

三菱電機 RDT233WLM-D

最初はこれ↑にする予定だった。
LEDのバックライトで節電もできちゃうし、日本製で信頼度(?)があるのが、大きなメリットだった。
しかし、しばらくしてからGL2430HMを発見。
同じLEDバックライトで、画面の大きさが1インチ大きい上に、お値段は3000円も安い。
特に画面が大きいというのがとっても魅力的に見えた。
さらに浮いた3000円を『ドット欠け保証』へ回す事も可能に。
このドット欠け保障とは、ドット欠けがあった場合、1度だけモニターを交換してくれるというものだ。
もし買ったばかりのモニターにドット欠けがあったら、細かい所が気になっちゃう俺として致命的欠陥になりかねない。
この保険はそういった俺にはありがたいシステムだ。
(アマゾンではこのサービスはありません。ご注意を)

追伸:ぎゃー!アマゾンですげー値段上がってるー!
この値段だったら買ってなかったわ!



で、評判のいい三菱のモニターか、安くておっきくて保険のあるBenQか。
ここまで好条件がそろうと、さすがにBenQに軍配があがりました。
あとは怖いのがドット欠けだが、そこは保険もあるし、なにより今まで使ってたモニターもBenQでドット欠けもなかった優良品だったから、俺の中のBenQの評価は高めです。
(ついでにDVDドライブもBenQ)

ってことでご注文!


注文から3週間後・・・・

販売店に在庫がなくてメーカー問い合わせ状態だったのだが、そのメーカーも在庫がないらしい。
なのでメーカー生産待ちという状態に。
こんな事初めてや!
最終選考で敗れた三菱のやつに変更しようかとも思ったが、急ぐ旅でもないので気長に待つ事にしました。
そんなことで、ゴールデンウィークを挟んだ事もあるが、注文してから3週間もかかってしまいました。
まあ思ったよりは早かったのでおっけー。


《ドット欠けチェック!》

モニターが到着したらすぐに配線をつなぎます。
まずは怖い怖いドット欠けがないか調べます。
フリーソフトの『液晶モニタードット抜け色むらチェッカー』というのを使いました。
これを使うと簡単に調べられるので便利です。
早速これを使って調べていくと・・・

おれ「右上にドット欠け発見!」

なんて事でしょう!
ドット欠けがありましたよ・・・
ショックやー。
指でこすっても取れないよな~・・・

おれ「取れた」

こすったらほんとにドット欠けが取れたー!
・・・・・・
すいません、ただのドット欠けソックリなゴミが付着してただけでした。
まじで助かった!
その後、よ~~~く調べた結果、ドット欠けはありませんでした。
BenQ2連勝!


《デュアルモニター》

ドット欠けがなかったのを確認したところで本格的に使うためのセッティングです。
うちは古いPC用デスクを使っているが、2台並べるのは(サイズ的に)できません。
なので、主にTV録画用に使ってるサブPCが乗っかってるスチールラックを使うことにしました。
まあどうなってるかは見てもらったほうが早いでしょう。
こんな感じになりました。







20110622
右側のが今回買ったモニター(GL2430HM)で、左側のが今まで使ってたやつ(G2220HD)です。
PCデスクのフレームとスピーカーが左モニターにかぶらないように配置するとこのような形になりました。
これでなんとか使えるようになった。
ためしにブラウザをサブのほうへ移動してみると、ちゃんと移すことができました。
ばっちしー!


《PSUをデュアルでやってみた》

一番の目的は、PSUをやりながらブラウザや動画を見ることです。
実際にできるのでしょうか?
って、ここまで来たらできない方がめずらしいか・・・







20110622_1
できた~。
ちなみにPSUのほうは『psutilities_020』を使ってフルスクリーンにしてます。
このバージョンのは『メモリリーク』の不具合があるのだが、便利すぎるので今でも愛用させてもらってます。
(現在は開発が終了してしまったようです)
もちろん、ブラウザだけじゃなくて動画も見ながらフルスクリーンで遊べるようになったぞ~。


《PS3をHDMIでつないでみた》

今回HDMI端子がついてる事にこだわりました。
その理由は、アナログでつないでるPS3をHDMIでつなぐためです。
PS3のゲームはぜんぜんやってないのだが、せっかく買ったのだから性能をフルに使えるようにしたかったのです。
ってことで、続いてはPS3をつないでみます。







20110622_2
できた~、パート2。
ちゃんと写りました!
しかしアナログなんかとは違って画面がキレイキレイ!
時代はデジタルやで~。
ちなみにこのモニターはスピーカーも内臓されてるが、その音質は最低クラス。
100円ショップのスピーカーといい勝負じゃないだろうか?
あんまり音質にこだわらない俺でも「これはない」と思わせるほどのダメスピーカーだった。
さすがにこれはひどいので、HDMIケーブルとは別に、こんなものを買っておいた。


なんか名前がすごいけど、一言でいうと『光デジタルオーディオケーブル』です。
仕組みはよくわかんないけど、音を送るための線って事です。
PS3は音声出力を光デジタルで送ることが出来るので、こいつを使って音を出したいと思います。
幸い、うちのPCで使ってるサウンドカードには、光デジタル入出力(角型)がついてるのでそれを使います。
この場合、PCも起動しないと音が出ないということになるが、ヘボスピーカーで音を出すよりはましです。
しかし、サウンドカードを買った時に絶対使わないと思ってた光デジタルが、役に立つとは思いもしなかったな・・・

で、最初つないだ時に音がでなくて困ったが、PC側で設定をいじったら音が出るようになった。
以下、その手順メモ。
(XP SP3)
・コントロールパネル

・サウンドとオーディオ~~

・音量タグにある詳細設定

・ボリュームコントロール(プレイコントロール)のオプション→プロパティ

・S/PDIFインのチェックを入れる

・ボリュームコントロールのS/PDIFインのミュートのチェックを外す

これでちゃんと音がだせるようになりました。
(もちろんPS3側でも設定が必要)
PCでも使ってるウーファー付きのスピーカーなので、モニターのおまけについてるスピーカーとは音質が圧倒的に違います。
これで快適なPS3ゲームができるぞ~。
なんか無駄にPS3のゲームがやりたくなってきた!
FF13でも買うか!って思ったが、FF13-2の発表で中古の値段が上がってた!
ナンテコッタイ!


余談ではあるが、このケーブルにはAmazonのロゴが入ってます。
これはつまり・・・

**「わぁ、このケーブルどこで買ったの?」
おれ「Amazonさ!ロゴが書いてあるでしょ?」
**「いいなー!私も買ってこよう!」

ってやるためについてるのに違いない!


・・・・・・
まあいわゆる自社ブランドってやつですかね。
ほかにもこれより安いのがあったのだが、そっちは評判悪かったのでこれにしました。
Amazonのロゴが恥ずかしいが特に問題なく使えてます。


《デュアルモニターの壁紙》

せっかくなのでそれぞれのモニターに別々の壁紙を設定したいなーと思ったが、Windowsのモニター設定では、個別に壁紙を設定できないようです。
なんとかならないかなーと思い調べてみたら、ちゃんとツールがありました。
それが『MultiWallpaper』です。
これで個別に壁紙設定ができます。
ただ画像を貼り付けるだけでなく、背景の色もそれぞれ設定することができます。
どうせ使うなら自分好みの壁紙にしちゃいましょう!


《その他、気がついた事》

いろいろ便利になるデュアルモニターではあるが、使っているといくつか問題点も出てきた。

・その1
左側のモニター(サブのほう)で最小化してしまうと、右のメインモニターのタスクバーが表示されてしまう。

俺のイメージでは、サブモニターで閉じた(最小化)したウィンドウはサブモニターのタスクバーに収納されるって思ってたのだが、それは違ったみたいだ。
タスクバーはメインのモニターにしか表示されないようです。
そのため最小化をするとタスクバーが表示されてしまい、せっかくのフルスクリーンが台無しに。
(↑のPSUが写ってる画像を参照)
まあゲームをやるときにPSU(psutilities)をアクティブにすれば元のフルスクになるんだけどね。


・その2
キーボードを押してるだけでプルプル震えるほど振動に弱い。

いや、笑っちゃうぐらい揺れるんですよ、これ。
土台の部分が小さすぎて支えきれてないのかな?
これは困ったなーと思ってたが、意外と簡単に解消できました。
まあ、↓この画像を見てくれ。



20110622_3_2
耳掃除するための綿棒の箱をモニターの下にハメてみました。
たったこれだけで揺れがなくなりました。
もちろん両方やれば揺れはさらに収まるけど、見栄えはよくないね・・・
ちょうどいい高さのものがあればフィギュアとかで固定してやってもいいかもしれんな。


・その3
ダサいデザイン。

たぶんデザインだと思うのだが小さい穴がポコポコ開いてるんですよ。
これが虫食いみたいで俺は嫌いです。
背面にある排熱(放熱?)用の穴もこのデザインで、ちょっと気持ち悪いです。
まあこれは好みの問題かな?


・その4
アームに固定するための穴がない。

このモニターはアームに固定するためのネジ穴がありませんでした。
大きすぎて出来ないってことかな?
今のところそういう使い方をする予定はないけど、もしかしたら将来・・・
いや、さすがにそれはないか。


・その5
サブPCの配線が届かない。

今までサブPCが乗っていた台に2台目のモニターを置いたため、サブPCは適当に床へ置くしかなかった。
このサブPCもグラボを積んでるのでデュアルで表示できるのだが、配置が悪く、サブPCとサブモニターをつなぐ事が出来ませんでした。
まあこっちはTV録画用としか使ってないので問題はないんだけどね。
どうせならメインPCとサブPCを両方見れるようにしたかったなー。

追伸:我慢できずに延長ケーブルを買ってきてしまった。


ほかにもちょこちょこっと気になる部分があるが、大体はこんなものかな。
まあ、その3と4も、わざわざ書く必要もなかったかもしれんが・・・



《まとめ》

今回は解像度を変えてないので、普通にアイコンや文字が大きく表示されてすごく見やすくなった。
以前より3.5インチも大きくなったのでそこらへんはものすごい実感できます。
また、今流行りのLEDのバックライトなので、消費電力もかなり抑えられるとのこと。
でもデュアルで使うとなると消費電力は・・・
デュアルで使うときはPSUぐらいだし、それも夜限定だから大丈夫なはず!
心配してたドット欠けもなかったし、いい買い物ができた気がします。
BenQ、サンキュー!



すまん、最後の1文は忘れてくれ・・・





【BUFFALO USB地デジチューナー】

さて2つ目のお買い物を紹介。
買ったのは、地デジチューナーです。

↓BUFFALOのページ

ちょいテレ・フル USB2.0用 地デジチューナー:DT-F110/U2

もうすぐアナログ放送が終わるようなので、早めに買っておこうと思いました。
が、この商品・・・
ものすごくダメ商品です。
一応アマゾンのアフィも貼ったけど、あまりオススメできません。

まずTVを見るためのソフトがすっごく使いにくいです。
チャンネルは変えにくい&遅いし、ときどきちゃんと変わらず固まるし。
(フリーズではなく、もう1回チャンネル変更すると直る)

録画も一応できるが、圧縮機能はついてないので30分アニメだけで3GBも食います。
1クール13話のアニメで計算すると約40G、2クールなら80G。
1話1時間のドラマだと、さらに倍の計算となります。
1TBのHDDでもあっという間にいっぱいになってしまいます。
もちろんほかの動画形式にエンコしたりはできませし、ダビング10の制限もあります。

さらに『iEPG予約』が付属のソフトからでしか予約できません。
その付属ソフトも見事なクソっぷりで、毎回表示させるのにどっかに接続して番組情報を長々と読み込んでくるという仕様。
番組表を見るだけで数十秒は待たないとダメです。
なんでこんな時間かかるのかと思ったら、ちゃっかり広告を表示させてたわけで。
録画の設定も細かい設定はできないので、使いにくいってもんじゃないです。


ほかにもいろんな不満点はあるが、大きくわけてこの3つがどうしようもなくダメダメです。
『地デジが見れればいい。そんなにチャンネルも変えないし、録画もしない。でもPCには疎く(うとく)てPCIにつけたりとかできないPCド素人ですわ』
っていう人がいればこの商品でも良いかもしれないが、それ以外の人には、ちょっとオススメできません。
最低でもPCI接続の、赤のBCASがついてくるやつを購入すべきです。
ノートPCだとしても、ソフトウェアがダメダメなのでBUFFALOはおすすめできません。


《早くもまとめ》

PCでTV見ようと思ったら『PT2やフリーオ』を使えるようにする事をおすすめします。
たぶん俺がやりたかった事がこれでできる様になるかと。
ちょっとグレーゾーンなやつだが、規制が多すぎるメーカー物のチューナーは使いにくい物ばかりです。

けどこの商品、1~10まで全部悪いというわけではなく、豊富な付属品(アンテナ等)、ドライバのインストールが非常に簡単と、いいところもそこそこあります。
それに『見るだけ』なら、問題なく見れるしアナログとは比べ物にならないぐらい綺麗な画面で見れます。
なんだかんだいいながらTVを横目にゲームなどができる環境はすばらしいわ。

とりあえず、見るだけならできるようになったので、しばらくはこれで我慢します。
将来違うのに買い換えるかもだが、録画を諦めれば普通に見れるから、このままでもいいかな。




《おまけ1》

この地デジを見てるときは、スクリーンショットキーで画面をキャプチャーすることができません。
そういう仕様みたいです・・・
PSUをやってるときもそれは有効で、PSUのスクリーンショットが撮れなくなります。
これを解決するには『psutilities』を使い、独自SSで撮るしかありません。
ホットキーをSSキーではなく、適当なキー(おれはInsertキー)にしてやれば撮ることができます。



《おまけ2》

30分アニメを撮ると約4GBと大容量になってしまうが、画面をキャプチャーするソフトでTV画面を取り込み、その後違う形式の動画ファイルにするという荒業もあります。
つまりやってることはこれ↓とほぼ同じです。

20110622_4

必要なソフトはキャプチャーソフトとオーバーレイをどうにかするソフトの2つ。
キャプチャーソフトはこちらを参照してください。
もう1個はこちらのOLCってのを使ってください。

8月になったら俺もこの作戦をやるしかないのだろうか・・・



《おまけ3》

俺がこれを買ってしまった理由は、
・安かった
・録画ができる
・スリープ状態からの復帰で録画、その後スリープ状態に移行できる。
が主な理由でした。
もうちょっとよく調べてから買えばよかったかのう。



《おまけ4》

実は前回のブログをUPした段階でこのブログは完成していたのだが、ある事に夢中になってしまい遅れてしまった。
次回はその事について書こうかな?




<長々とおつかれさまでした>

| | コメント (5)

2011/02/23

CPUを取り替えたゾ

こんちわ。

しばらく使わないだろうと箱にしまった物を翌日使うハメになることがまれによくあるGP03です。
(イヤホンどこやー)

箱にしまってそのまま記憶から消える事もよくあります。


ということで、今回はそんな記憶力と箱とはまったく関係がないパソコンのお話です。
うちのメインPCがひさびさにパワーアップしましたよ!
いろんなベンチマークでテストもしてみたのでお楽しみに!



【PC】

いつものようにPSUで遊んでいると、けんちゃんからCPUの換装をすすめてきた。
おすすめする理由として、今使ってるCPU(Athlon X2 Dual-Core 5400)が結構いい値段で下取りできる事と、俺のマザーで使えるCPUが市場から消える前に買っておいたほうがいい、ということだった。
最初は断ったのだが、何回か話しているうちに気持ちも変わってきて、購入することにしました。


【新しいCPU】
買ったのはこちら!

AMD Athlon II X4 Quad-Core 640 BOX
20110223
画面中央の緑色の箱が新しいCPUの箱で、右が今までのやつ。
(ヒートシンクとCPU用グリスはこの製品のものではありません)
箱が小さくなってるけど付属するヒートシンクの差かな?
あとこのブログでは報告し忘れてたけど、PS3も買いました。
今のところ、MHP3用の高級ルーター状態ですが・・・


ついでに価格.comへのリンクも。


こちらが開封したところ。
20110223_1
何気に新品のCPUというのを買ったことなかったので、ヒートシンク+ファンがついてきてビックリしました。
どおりで箱が重かったわけだ。
あとは説明書とAMDのシールがついてきます。
しつこいようですが、画像にうつってるグリスはついてこないのでご注意を。



【性能差】
今まで使ってたAthlon 64 X2 5400とAthlon II X4 640の差を比較してみましょう。

《5400》
クロック周波数:2800MHz
二次キャッシュ:1024KB

《640》
クロック周波数:3000MHz
二次キャッシュ:2048KB


上記の通り、クロック周波数は約1割増し、二次キャッシュは2倍ということになってます。
しかし、一番の特徴はこれらではなく、デュアルコア(2コア)からクアッドコア(4コア)になる事でしょう。
これでより重い処理も軽々とこなしてくれるようになるのかな?


【CPU取り付け編】
まずは今使ってるCPUを外します。
過去2回ほどCPUごとヒートシンクをガボ!っと外しちゃった事があるおれではあるが、すんなり外す事ができました。
うんうん、成長してるな。
一番の難関(?)が突破できたので、あとは簡単。
新しいCPUをつけて、グリスを塗り、ヒートシンク&ファンをつけて完了!

あれ?
短い・・・


【無事に稼動!】
電源をいれてBIOSで起動を確認。
無事に稼動してくれました。
よかった、よかった。
大丈夫とわかっていても、実際に動かすまではどうしても緊張しちゃいます。


【新しいPCスペック】

CPU:Athlon II X4 Quad-Core 640 BOX

マザーボード:GA-M720-US3

メインメモリ:4G(2G*2、うち3.5G認識)

グラフィックボード:ECS NR9800GTE-512MX-F

HDD:Hitachi Deskstar P7K500(250G)

サウンドボード:Sound Blaster Audigy 2 Digital Audio (SBAGY2DA)

電源ユニット:Corsair VX 450W

モニター:BenQ G2220HD

OS:Windows XP Home Edition Service Pack3


こうしてみるとこれで欠点らしい欠点が見当たらなくなってきた感じかな?
最新のパーツに比べると、どうしても古臭い感じはしてしまうかもしれないが、俺にはこれで十分。

今年発売予定のPSO2もこれで動いてくれればいいけど・・・


【ベンチーマク編】

さて、無事に動いたということで、次はその性能の確認です。
今回やったベンチは、
FF11ベンチマーク
FF14ベンチマーク
モンハンフロンティアベンチ 1弾&2弾
3DMark06 Basic Edition Ver1.2.0
の、合計5つでテストしました。
早速FF11から比べてみたいと思います。


<FF11ベンチ>
まずは定番のFF11。
このベンチはCPUの性能でスコアが大きく変わり、総合力を計るにはいまいちだが、CPUを変えたのならやっておいても損はないかなと。

以前のスコア:『約8300』
今回のスコア:『約9100』
(スクリーンショットなし)

さすがにCPUを変えただけあって、800ぐらいのスコア上昇となりました。
しかし、4コアになったわりには大きな上昇とはならず。
古いゲームだし、マルチスレッドに対応してなかったということでしょうか?
ちょっとがっかり。



<FF14ベンチ>
今度は比較的新しいベンチマークです。
前回計測したときは、LOWで2194、HIGHだと計測不能という結果だったようです。
(当時のブログを読んでみたい人はこちらへ
CPUを変えたことでどこまで変わるか、またHIGHでの計測ができるか楽しみにしてたのだが・・・

まずはこちらの画像を見てほしい。
20110223_2
これはHIGHで計測中の画面です。
SSを撮ったら真っ白に・・・
計測中はちゃんと表示されるんだけどね。
でも見てほしいのは画像の左下の部分。
このグラフはフレームレートを表示してくれるものなのだが、見ての通り、ものすごい安定してません。
いくらなんでもこの構成でこんなに安定してないのはおかしいと思い、いろいろ調べてみました。
そしたら原因は常駐ソフトだったようです。
アンチウィルスなどの常駐ソフトをオフにしたら安定して動いてくれました。
よかった、よかった。
てか、前回計測できなかったのは、これが原因だったのでしょうか・・・

気を取り直して早速スコアを比べてみましょう。

以前のスコア:LOW『2194』
       HIGH『データなし』
今回のスコア:LOW『2699』
       HIGH『1590』
20110223_3

20110223_4

とりあえず、HIGHでも完走はできました。
しかしスコアはかなり低いようで、この構成で遊ぶのは不可能ではないにしても、ちょっと現実的じゃないようです。
一方のLOWのほうは、なんとか普通にプレイするぐらいはできるといった感じでしょうか?
高クオリティは望めないけど、遊ぶ分には問題ないようです。
けど、どっちにしても、大きくスコアが上昇したとは言いがたい数字になっちゃったかな?



<モンスターハンターFベンチ 1弾>
今度はモンハンのベンチ。
以前計測したときは、詳しい状況がわからないけど『8246』という数字が書いてありました。
(グラボを交換したとき。詳しくはこちらへ
↑これによると、スコアが大きく上昇したようです。
今回はCPUの交換だけど、どこまで伸びるかな?

以前のスコア:『8246』
今回のスコア:『4147』

20110223_5
あ、あれれ!?
4147って、半分に減ってる?
こ、これはどういうことじゃ!
いくらなんでも減るってのは・・・
はっ!
きっと、以前計測したときと、解像度が違ったんだ!
そうに違いない!
ってことで、解像度を『1280*720』にして再計測。
すると・・・

20110223_6
あれ?
まだちょっと低い・・・
どうなっとるんじゃー?

せめて以前計測したときのSSでもあればわかりやすかったのだが、ちょっとわけのわからん状況になってしまった・・・
うう、なんのためにレポートしてたんだー。
とりあえず結果は『不明、比較不可』ってことにしておこう。
今後は、解像度1920*1080の『4147』を参照にしていきたいと思います。



<モンスターハンターFベンチ 2弾>
いつのまにか、モンハンの新しいベンチマークが出てたようです。
過去のデータはないけど、せっかくなので、これもやってみました。

スコア:『3213』

20110223_7
古いベンチよりも1000近くスコアが下がってしまいました。
けど大きな処理オチは見られなかったから、普通にプレイする事はできるのかな?



<3DMark06>
最後に、もっとわかりやすい基準になりそうなベンチマーク、3DMark06で計測してみました。
前回やったときは『9673』というスコアだったようです。
このベンチマークなら、4コアになった恩恵を大きく受けられそうなので楽しみです。

以前のスコア:『9673』
今回のスコア:『10947』

20110223_8

20110223_9

20110223_10

スコア的には増えたけど、2枚目の画像を見てもらえばわかるとおり、全体的に処理オチばっかりでした。
このあと解像度1920*1080での計測も考えていたけど、1280*1024でこの状況ならやる意味があんまりないと判断し、計測しませんでした。
正直、期待はずれ!


<ベンチマーク 結論>
CPUを強化することでスコア上昇は望めるものの、大きく上がるということはなかった。
ゲームによるかもしれないけど、やっぱりグラボの性能が大半を占めるということでしょうか?
むむむ~。



【まとめ】

あこがれのクアッドコアになるので、非常に楽しみにしていたけど、ちょっと期待はずれな感じが・・・
ベンチマークもあんまりスコアが延びなかったし、普段使っているときも、コアッドの恩恵があまり感じられなかった。
OSの起動やゲームのローディングが早くなったとか、そういうのがぜんぜん伝わってこない。
クロック数があんまり増えなかったせいか?
それとも、元から十分最速に近かったということだろうか?
ちょっと想像してた状況にならず残念ではあった。

しかし、このCPUが真価を発揮するのは、もうちょい先なのかもしれない。
今年(2011年)発売予定のPSO2
今回CPUを買った理由のひとつに、このPSO2に備えてPCを強化しておきたいというのがあったのだ。
たぶんだが、FF14ほどのハイスペックを要求してくるとは思えないので、とりあえずは、これで遊ぶのには困らないと考えてます。
高クオリテイで遊ぶのは・・・難しいかな?


【おまけ1】
AMDのクアッドコアCPUというと、Phenomがあるのだが、今回俺が買ったCPUはPhenomではありません。
では、Phenomと普通のクアッドコアとどこが違うのかというと、三次キャッシュの有無です。
AMD Phenom II X4 945 と Athlon II X4 Quad-Core 640 で性能差を比べてみると、クロック数、二次キャッシュは共に同じ性能だが、Phenom II X4 945のほうには、三次キャッシュがあります。
この三次キャッシュの有無で、具体的にどれぐらいの性能差に繋がるのかはわからないけど、確実に差はあるとのこと。
もしかしたら、どこかにそこらへんを調べてくれた有志のレポートでもあればいいのだけど・・・


【おまけ2】
ほかにほしいPCパーツというと、今はHDDがほしいかも。
最近ドラマの『相棒』を録画するようになったので、動画保存用用HDDがいっぱいになってしまいました。
さらに、今メインで使ってるHDDもやたら振動が激しいのか、ブオーンという耳障りな音が出ることも・・・
近頃は1TBのHDDもかなり安く買えるようになったみたいだし、ちょっと考えておこうかな。


【おまけ3】
今年の7月で地上アナログ放送が終わる(予定)ため、今使ってるTVキャプチャーボードが使えなくなります。
ここ1年ばかり深夜アニメはよほど気に入ったやつしか録画してないから、もう必要ないかなって思ったが、4月からカイジ2期がはじまり、ドラゴンボール改もこれからブウ編が始まります。
さらに大人気の相棒もSeason 10もありえるでしょう。
これだけ見たいのがあるのなら買っといて損はないかなと。
HDDよりも先にこっちを買わないとダメかな。
むしろ同時か・・・?


【おまけ4】
今回のCPUを取り替える前にマザーボードのバージョンUPをしときました。
そうしないと新しいCPUが動いてくれないとのこと。
これについても詳しくレポートするつもりだったが、すっかりやり方を忘れたので割愛します。
あとバージョンUPしたら、今まで3Gまでしか認識してくれなかったメインメモリが3.5GまでOKになりました。
思わぬ副産物やー。



<つづく?>

| | コメント (2)

2010/06/24

FF14ベンチをやってみた

こんちわ。

流行にのってファイナルファンタジー14のベンチマークをやってみた。

Ff14benti

LOWで上記の通りスコア2194でした。
評価は『重い』に近い『やや重い』という結果に。
この構成でぎりっぎりなのか・・・
どんだけ要求スペック高いねん!
フロントミッションエボルブ、ちゃんと動くのか心配になってきた・・・
一応推奨スペックは満たしてはいるが・・・

あとHIGHだと計測不能でした。
常時がっくがく!

<おわり>

| | コメント (4)

2010/06/23

マウスとキーボード買ったよー(長文)

こんちわ。

EWACの読み方がわからないGP03です。
(イーダブリュエーシー?)

友達はイーワックと読んでいたが正しいのか?
ググると岩子とか出てくるんだが・・・


ということで、今回はそんなレーダードームとまったく関係ないPCのお話です。
PCの入力デバイス2つを買ってきました。



【PC】

ゲームをやる人にとっては、とても大事な入力デバイスであるマウスとキーボード。
たまたまその2つを交換したので、一緒にレポートしたいと思います。


【キーボード編】

別に今まで使ってたキーボードに不満があったわけじゃないのだが、近々部屋の模様替えを行う予定なので、それに合わせて買ってきました。
ということで、今回買ってきたのはこちら!

ELECOM TK- FCM005シリーズ

今回買ってきたのは、コンパクトタイプのキーボードです。
まずは、なぜ小さいキボドを買ってきたのかを簡単にご説明を・・・


【購入理由編】
実は、先に言ったとおり部屋の模様替えをしようと考えてます。
で、今までPCはちゃぶ台に乗せて畳の上に座って使っていましたが、これをイスに座り、PCデスク上でPCを使おうと考えてます。
PCデスクは、初めてPCを買ったときのをそのまま使おうとしたのですが・・・
ちょっとPCを使ってるところをシミュレーションしたところ、ある問題が発覚しました。
それは・・・
このデスクは10年以上前にかった代物で、机の横幅がすごく小さいのです。
そのため、テンキー入りのフルキーボードを置くとマウスの置き場所がなくなってしまいます。
PCのゲームをやる俺にとって、足場が不安定なキボドとマウスの使用は問題外。
そこで、このコンパクトタイプのキーボードを買ってきたってわけなのです。

【使ってみての感想】
買うときに一番心配したのがキーストロークの違いです。
今まで使ってたやつは、3.8mmだったのに対して、買ってきたやつは3.0mm。
この約1mmの差が、どこまで影響するかさっぱり検討もつかなかったです。
で、実際に試してみると・・・
なんだか、キーの反応が以前よりよくなった気がします。
単純に考えて、キーが反応するまでの時間が1ミリ分早くなったということでしょうか?
明らかに以前のものよりも早く行動することができるようになったと思います。
これは予想外な収穫でした。

あとの違いは、キーとキーの間が若干小さくなったが、そんなに違和感がなかったです。
今までどおりにブラインドタッチをすることができました。
右側についてたテンキーもなくなってしまったが、そんなに使っていなかったのであんまり問題ないです。

1個だけ問題をあげるとしたら、キーボードの上についてる数字キーとファンクションキーが隣接しているところかな。
ゲームによってはとんでもない誤爆になる可能性もあるが、うまく付き合っていくしかないな・・・

【まとめ】
できるだけ違和感を消そうと思い、今までと同じメーカーの物を買ってきたが、心配するほど違和感なく使えてほっとしています。
むしろ、キーの反応がよくなって喜んでるところです。
まあ、押し間違いの急ブレーキは効かなくなるが、あまりにも後ろ向きな発想なので問題ないでしょう。
ひさびさに大勝利なお買い物でしたわ。

【大きさ比較画像】
・びふぉー
Pc01100623

・あふたー
Pc02100623
大きさの参考になるように、ニンテンドウDSLiteを置いてみた。
マウスパッドも大きなやつが使えるようになったので、操作範囲がぐーんと広がりました。

【おまけ】
キーボードって、小さくなればなるほど値段が高くなるのはなんでだろ?
普通、大きい物ほど高いって感じがするのだが・・・
むむむ・・・



【マウス編】

今まで使っていたマウスが、調子悪くなってしまった。
左クリックが、時々物が挟まったように硬くなるし、スクロールボタンも、これまた物が挟まったかのように硬くなってしまいました。
さすがに左クリックに異常が出ては問題ありです。
ということで、いい機会だし、買い換えることにしました。

で、以前マウスを買った時もこのブログで簡単なレポートを書いたなと、ふと思い出した。
ここの下のほうに書いてあった)
これを読み返してみると、サイドボタンがほしかったのに、ゲームで使う事ができずにがっかりしてるみたいですね。
光学マウスからレーザーに切り替えて反応がよくなったのには喜んでるみたいだが。

ということで!
今回はそんなミスはいたしませんぞ!
よーく吟味して買ってきたのがこちら!

Logicool Gaming Mouse G500

ゲーミングマウスといえばロジクールとGシリーズというぐらい定番の商品です。
あまりにも定番すぎて嫌う人も中にはいるようだが、俺のような中級者な人にはこれを買っておけば間違いないって感じです。
まずは、このマウスの特徴を簡単に紹介。

【ボタンは最大10個】
リンク先の画像を見てもらえばわかるが、左側に3つのサイドボタンがついてます。
ちゃんと誤爆したりしないように凹凸をつけてあるので、誤爆はし難いとは思います。
更に解像度切り替えのボタン2個と、スクロールボタン(横スクロールあり)もあります。
まとめると、左右クリックの2個、サイドに3個、解像度切り替えの2個とスクロールボタン3個で、計10個のボタンを使う事ができます。

【解像度の切り替え】
左クリックのすぐそばにつけられた+-のボタン。
これを押すと解像度を変えることができます。
解像度といわれると画像とかのアレを思い出すが、マウスの解像度とは何なのか?
簡単にいうとマウスを動かすのスピードを変えられるということです。
高速で動かしたいときは+を。
逆にゆっくり慎重に操作したいときはーを押します。
ゲームでは、スナイプとかするときに重宝するかもしれません。
これらのスピードは、付属のドライバで最大5段階まで調整可能です。

【マクロ】
マクロのそ~らを~つらぬーいてー♪
の、マクロとは違います。
登録したキーボードとマウスのキーを、ボタン1個で使うことができる便利な機能です。
ゲームのマクロと言うと、いいイメージがない俺ではあったが、実際に使ってみると便利すぎ!
マクロエディッタというソフトがついてくるので、それで登録して使う事ができます。

【利便性、汎用性の高さ】
マクロはサイドボタンでしか使えない。
・・・そう考えていた時期が僕にもありました。
そんなことはありません。
ロジクールのドライバの設定を行えば、自由自在にボタンの設定を行えます。
その気になれば、左クリックにマクロを設定することも可能です。
上で書いた解像度切り替えのボタンにもマクロだけでなく、左クリックやブラウザの「戻る」といったものまで多種多様な設定を行えます。
マクロもうまく併用すれば、このマウス1個でPCの操作を行うことも可能でしょう。

【ソフトによる個別設定】
ネットをブラブラする時用とゲーム用、いちいち設定を変えるのが面倒です。
しかし、付属のドライバを使えば、自動的に切り替えてくれます。
そのため、複数のゲームをやっていても、いちいち設定を変えることなく使用するこができます。

【高速スクロールホイール】
初めてこのマウスを触ったとき、スクロールボタンがハムスターの回し車のごとく、コロコロコローと回転してしまいました。
普通のマウスだとガリガリガリと一定の間隔でしか動かせません。
最初は、ゲーム中に誤爆しないように空回りさせてるのかと思ったのですが・・・
実は、このコロコロ中もスクロールさせる事ができるようです。
勢いよく回転させれば、某大型掲示板の頭から8~900番レスぐらいまでスクロールさせる事ができます。
まあ、そこまで飛ばしたいならスクロールバーをいじったほうが早そうだが・・・
けど、普通にホイールが軽くなって力をいれなくても回せるというのが、俺にはうれしかったです。
もちろん、従来のガリガリモード(?)にもボタン1個で切り替え可能です。


【問題点&あまり関心しなかった所】
人によってマウスの持ち方は、大きく分けて2通りあります。
マウスを覆い被せるように持つ、かぶせ持ち。
マウスをつまんで持つ、つまみ持ち。
俺は後者であるつまみ持ちで操作しているが、このマウスは被せ持ちをする事を想定して作られています。
なので、つまみ持ちをすると、サイドボタンの奥側が押しにくくなってしまいます。
使うとしたら指を大きく動かさないと使えないので、ゲームには使い難いです。
さらにはマウス本体が大きすぎて、手前側がクッションに引っかかってしまうこともしばしば。
ここはちょっとマイナス点。

あとウェイト(マウス本体の重量)を調整することが可能なのだが、俺は軽ければ軽いほど操作しやすいというタイプなので、このウェイトはまったくもって不必要でした。



【使ってみての感想】
マクロとサイドボタンが想像以上に便利でした。
今まで操作し辛かった事が、容易にできるようになった。
ゲームよっては、解像度の変更は必要ない場合があるので、第4~5のサイドボタンとして使う事もできます。
普通にPCを使う上でも、このマクロとサイドボタンが非常に便利で、重宝しています。
(例:サイドボタンにCtrl+Alt+Deleteのマクロを登録など)
もちろん、カーソルの反応もすごくよく、思ったとおりに動かすことができます。

【まとめ】
不満点がまったくないわけではないが、それを大きく上回るほどの機能がついたマウスでした。
これはもう、持ってる人と持ってない人との差が、大きく開くほどの代物かもしれません。
マクロを使わなかったとしても、普通にマウスのボタンが増える事で、操作の幅が広がります。

ゲームだけでなく、普通にPCを操作しやすくなったので、高いお金を出して買ったかいがあったわ。
PCでゲームをする人で、マウスの購入を考えてる人は、ぜひともこのG500をオススメしたいです。


【おまけ】
俺は2台のPCを1台のモニター(とキーボードとマウス)で共有するために切り替え機を使っているが、これにこのマウスを接続すると動きませんでした。
仕方ないので以前のマウスをサブPC用に残しておく必要が出てきました。

【おまけ2】
マクロは、ゲームによってはプロテクトに阻まれて使うことができません。
しかし、マウス本体のオンボードに1個だけマウスの設定を保存ができるのだが、これを利用すると使うことができるらしい。
本来は、別のPCに接続しても(設定を)そのまま使えるという機能なのだが、プロテクトをすり抜けて使えるみたい。

【おまけ3】
現在やっているゲームのひとつ『SDガンダム カプセルファイターオンライン』では、サイドボタンが1個までしか認識されませんが、マクロを使うことでボタンをフルに使う事ができます。
あと、格闘キャンセルなどをマクロに登録しようとしたが、タイミングがシビアすぎて使う事ができませんでした。
機体によってステータスが違うのでタイミングも微妙にずれるし・・・



<おわり>

| | コメント (0)